Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

沖縄の「やっぱりステーキ」東京進出で下克上も 「いきなり」はダメ? 熱き戦いのルポ〈週刊朝日〉

配信

AERA dot.

 ステーキチェーン店の熱き戦いが起きている。独特の事業モデルで市場を切り開いた「いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスが失速するなか、沖縄県を発祥とする「やっぱりステーキ」が東京進出を果たした。すかいらーくホールディングスや松屋フーズホールディングスなども低価格のステーキメニューを打ち出し、殴り込みをかける。 【写真】超有名デザイナーが絶賛する、肉汁したたる「ステーキサンド」はこちら

 ペッパーフードサービスは7月3日、ステーキ料理をリーズナブルな価格で提供してきた「ペッパーランチ」を投資ファンドに売却すると発表した。ペーパーフードの売上高全体に占める割合は小さいものの、収益力は「いきなり!ステーキ」よりも高いとされる。「いきなり!ステーキ」「ペッパーランチ」の国内114店を閉じるとともに200人規模の早期希望退職を募ることも、同時に発表した。売却額85億円は、「いきなり!ステーキ」のリストラや経営立て直しなどに充てるという。  同社が「いきなり!ステーキ」を始めたのは2013年。グラム単位で肉を切り分けたり、立ち食いを採用したりといった画期的なスタイルで注目された。約6年で全国500店と急成長したものの、メニューの値上げなどが裏目に出て業績が低迷。2019年12月期まで2年連続で純損失を計上し、米国からの撤退も表明した。  “先輩”の苦戦を横目に、勢いを増すのがディーズプランニング(那覇市)が運営する「やっぱりステーキ」だ。コロナ禍にありながら、6月17日にオープンした東京都内1号店となる吉祥寺店(武蔵野市)は開店当初、連日2時間待ちの行列ができるなど快走を続ける。  後発の「やっぱりステーキ」は、「いきなり!ステーキ」に遅れること2年後の15年に開店した。吉祥寺店を加えて現在、全国51店舗。本拠地・沖縄県の24店をはじめ福岡県や愛知県、仙台市などで地盤を固めながら版図を拡大する。そしていよいよ、全国的な知名度を高めるために首都へ乗り込んだ。

【関連記事】