Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

悲劇の将軍・足利義輝【にっぽん歴史夜話】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/砂原浩太朗(小説家) 足利13代将軍・義輝(1536~65)の生涯は、ある光芒を放っている。おさなくして将軍位につき、英主の片鱗を見せたものの、道なかばで斃れることとなった。その悲劇的な死がひとびとの哀憐を掻きたてるのだろう。室町幕府最後の花ともいうべき、若き将軍の行路をたどる。

11歳で将軍に

義輝の幼名は菊幢丸(きくどうまる)。織田信長より2歳年下であり、同世代といえる。12代義晴の嫡男であるから、生まれながらの将軍と思われそうだが、ことはそれほど単純でない。応仁の乱(1467~77)以来、内紛を繰りかえしてきた室町幕府では、将軍位の継承にも抗争がつきものとなっており、義晴も政敵の没落によって将軍の座に就けたといういきさつがある。 そのため、彼はことあるごとに息子・菊幢丸が後継者であることを知らしめようとする。生後ほどなく、形式だけではあるが家督をゆずり、翌年にはともに宮中へ参内した。満年齢でいえば1歳にもなっていない時期だから、むろん本人に自覚のあろうはずもない。すべては、この嬰児が13代将軍を継ぐのだと満天下へ示すためである。 当時、幕府は有力大名・細川晴元の庇護によって維持されていたが、1546年、晴元が一族間の内紛に敗れ、京から逃亡する。義晴父子も都をはなれ、近江(滋賀県)の大名・六角氏をたよった。ここで菊幢丸は元服、名のりを「義藤」として、征夷大将軍の位につく。弱冠11歳、しかも都落ちした先での就任である。出発からして波瀾ぶくみというほかない。ちなみに、義輝とあらためるのは8年後だが、本稿では最初からこの名を用いる。細川藤孝(幽斎)や三淵藤英など、彼の側近に「藤」の字がつく名の者が目立つのは、初名の一字をいただいたわけである。

英主の片鱗

将軍となってほどなく都へもどった義輝は、はやばやと将器をしめすことになる。当時、京を牛耳っていた細川家の将が公家へ無態をはたらいたことに怒り、これを放逐したのだった。また、この直後には3000人の兵をひきいて洛中を行進し、都の人々に武威をしめしてもいる。 12歳にして見事な武者ぶりだが、いささか出来すぎの匂いがしなくもない。これは、息子の評判を高めるため、父・義晴がくだんの将と示しあわせた狂言だったという見方もある。筆者もこの説に傾くものではあるが、見え透いた芝居に手もなくだまされるほど京の人々は御しやすくない。義輝に要の役をはたせるだけの器量がそなわっていたのも事実だろう。 が、当時の幕府はすでに弱体化して久しく、英主の資質をぞんぶんに伸ばせる状態ではなかった。庇護者ともいうべき細川晴元と対立や和解を繰りかえすうち、同家の臣である三好長慶(1522~64)が台頭、義輝たちは晴元ともども都を脱出する。潜伏先の近江で父・義晴が病没したのは、1550年。父も40歳という若さだったが、義輝はいまだ15歳の少年にすぎなかった。

【関連記事】