Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「α世代」インフルエンサーの雑誌が大人気、ユーチューブから再定義される旧メディア

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

イギリスで雑誌の売り上げが激減する中、局部的にバカ売れしている雑誌がある。まだティーンエイジャーにも満たない「α(アルファ)世代」のユーチューバーが発行する雑誌で、ディズニーの人気雑誌の販売部数を上回る盛況ぶりという。もちろん、雑誌の売り上げを支えているのも10歳以下の子供たち。「まずはユーチューブありき」のアルファ世代について、その動向を探る。

アルファ世代向けの雑誌が絶好調

「考える女性のための雑誌」として質の高い記事を提供し、数々の賞を受賞してきたファッション誌『マリ・クレール』は2019年秋、31年間に及ぶイギリス版の発行に終止符を打った。同誌の売り上げは、1990年代にピークの45万部に達したが、最近では12万部まで落ち込んでいた。今後はオンラインコンテンツに注力する方針という。 調査会社「Enders Analysis」によると、イギリスの雑誌業界でトップ10の販売部数は、2019年上半期で470万部となり、2001年のピーク時点の940万部から半減した。一般消費者向けの全雑誌を対象とした場合、状況はさらに深刻で、総販売部数は2005年の12億部から2018年には4億8100万部に下落している。個別にはセレブリティのゴシップ記事で知られる『OK!』の売り上げが80%減、同じくゴシップ誌の『Heat Magazine』は75%減、女性誌『コスモポリタン』は60%減と、軒並み苦戦している。 一方、現在10歳以下の「アルファ世代」を対象とした雑誌は絶好調。インド版『ビジネスインサイダー』によると、8歳のアメリカ人ユーチューバー、ライアン・カジさんが2019年にイギリスで発行した『ライアンズ・ワールド・マガジン』は、初回の発行で4万9000部を販売。2回目の発行では5万2000部を売り上げ、ディズニーのオフィシャルマガジンである『ディズニー・プレイタイム』『ディズニー・スターズ』の平均販売部数5万1675部を上回った。 また、イギリスで最もフォロワー数の多い12歳のユーチューバー、ティアナ・ウィルソンさんは今年6月、雑誌『Totally Hearts by Tiana』を発行し、英スーパーマーケット・チェーン「Asda」で独占的に販売したところ、「TTスクワッド」と呼ばれるティアナファンが殺到し、発売後1週間で瞬く間に6割が売り切れたという。ティアナさんは12歳なので、厳密にはアルファ世代よりちょっと年上になるが、彼女のファンの多くはアルファ世代だ。雑誌にはティアナさんのポスターやグッズが付録についているほか、工作のアイデアやクイズなどが満載で、読者がオンラインで作品コンテストにも参加できるよう工夫されている。 大人向けの雑誌では紙媒体からオンラインに移行する動きが広がる一方で、アルファ世代はオンラインからオフラインに移行している点が興味深い。アルファ世代のユーチューバーによる雑誌売り上げが好調を博した背景には、彼らのユーチューブ・チャンネルの爆発的な人気がある。

【関連記事】