Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1977年7・12 アメリカ サウスダコタ州 ブロック・レスナー生誕記念日

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1977年7月12日 アメリカ サウスダコタ州 ブロック・レスナー生誕記念日! レスナーは5歳からレスリングを始め、大学時代には通算106勝5敗という驚異的な戦績を修めてWWEからのスカウトを受けて2002年にWWEデビュー! レスナーの子供の頃の写真を見ると、今のレスナーの筋骨隆々な姿とは打って変わった可愛らしい姿が写っていてビックリします(笑) 191cm、130kgという体格でシューティングスター・プレスを放つ身体能力もすごい! でも『レッスルマニア19』でカート・アングルに決めたのはシューティングスターヘッドパッドになっていましたけど…(汗) その後、レスナーはNFLに挑戦したいという思いからWWEを退団し、一度はプロレスの世界から離れてしまいます。 しかし、なんとレスナーは新日本プロレスで本格復帰!いきなりIWGPヘビー級王座を戴冠! 新日本では蝶野正洋、藤田和之、中西学、永田裕志、棚橋弘至、中邑真輔、曙、長州力らと対戦していたことを思うと、新日本に結構な頻度で来ていたんですね。 タッグ戦ながら長州とも対戦した時は、長州に「勝てない」と言わせた男レスナー! 総合格闘家としてデビューし、UFCとの契約からわずか1年、キャリア4戦目にしてUFC世界ヘビー級王座を戴冠してしまうレスナーは「UFCでもどこでも強いやつは強い!」ということを体現してくれました! そしてレスナーは2012年にWWEへ電撃復帰し、その後も継続的に参戦。今でも代理人のポール・ヘイマンとともに各王座戦戦を熱くしています! またプロレスに戻ってきたレスナー!ありがとう、やっぱりみんな君のプロレスが観たいんだ! 今日もプロレス最高っ! 著者:AJスレンダー Twitter:ajslendertokyo 『元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 』365日分書き溜めております! プロレストークライブ企画・制作・券売など行っております。 キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と新旧格闘王mixでお応えします! 【実績一例】 「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」 「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」 「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」 「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」 「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

【関連記事】