Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「右SBだったら右目が見えなくてもやれる」失明の危機の只中・松本光平、復帰への挑戦

配信

REAL SPORTS

「『失明の危機』を乗り越えて競技復帰を目指す」。昨年のFIFAクラブワールドカップに出場を果たしたサッカー選手・松本光平が切実な思いを託したクラウドファンディングの設立は多くのサッカーファンを驚かせた。現在プレーするニュージーランドの自宅でのトレーニング中の事故で失明の危機に直面し、それでも「再びクラブワールドカップの舞台に立つ」ため動き始めた31歳。鋼のようなメンタリティを持つ“決して諦めない男”のルーツと決意を聞いた。 (文・トップ写真=宇都宮徹壱、写真提供=11aside)

クラファンで知ったフットボーラー

「右目はまったく見えていなくて、左目はぼんやり見えてはいるんですよ。視力で言ったら、0.01もないくらいですね。目の前にある料理も、そこにあることは把握できるんですが、どんな料理なのかは口に運んでみないとわからない。そんな状態で2週間、ニュージーランドでひとり暮らしをしていました。食事も自分で作っていましたよ」 あらためて声の主を間近で見ると、その右目はばんそうこうで塞がれている。松本光平、31歳。ニュージーランド1部、ハミルトン・ワンダラーズに所属する、現役のプロフットボーラーだ。昨年12月には、期限付き移籍していたヤンゲン・スポート(ニューカレドニア)のサイドバックとして、カタールで開催されたFIFAクラブワールドカップにも出場している。そんな彼は、不慮のアクシデントにより、失明の危機の只中にいる。 私が松本の存在を知ったのは、彼の所属事務所が立ち上げたクラウドファンディングがきっかけだった。手術費や入院費やリハビリなど、必要な費用を賄うための目標金額300万円は、わずか3日で達成(7月10日現在で470万円を突破している)。私もわずかながらの寄付をさせていただいたところ、当人の状況を伝えるメールマガジンが毎日届くようになった。手術当日、6月8日の松本のメッセージを引用する。 《ニュージーランドや他の日本の専門医にも回復する可能性は0%と言われ投げ出されていた中で、まだ数%の可能性があると言っていただき、手術をしていただける病院と巡り合えただけでも僕にとっては大きな一歩です。どれだけ時間がかかっても絶対に競技復帰を果たします!》 右目の回復の可能性が数%しかなく、左目も失明のリスクがある中、これほどまでに前向きなメッセージが発信できる、鋼のようなメンタリティ。私は松本光平というフットボーラーに、無性に会ってみたくなった。実際にインタビューを始めてみると、私の想像をはるかに超えるポジティブさに、思わずのけぞりそうになった。 「手術前、右目の黄斑部に空いた穴は1カ所と思われていたんです。それでも厳しい状況でしたが、実際に手術してみたら穴が3カ所あって、先生からも『こんな症例は見たことない』と。普通だったら眼球が破裂しているそうで、先生も『これは奇跡だ』と言っていました。眼球が破裂しなかっただけでも、僕の勝ちだなって思いました(笑)」

【関連記事】