Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

か、カッコいい…!!!! 英国流超弩級オフローダー ランドローバーディフェンダー徹底解剖!!! 

配信

ベストカーWeb

    英メーカー ランドローバーのクロカンモデル「ディフェンダー」。カタログモデルが日本上陸を果たして3ヶ月が過ぎた。 【画像ギャラリー】濁流を切り裂け! 大地を蹴りつけろ!! 極上クロカン ランドローバーデフェンダーをギャラリーでチェック!!!    日本でも先行予約モデルが「即完」となるなど注目度急上昇中のランドローバー ディフェンダー。その魅力を徹底解剖してみたい。  ■ランドローバーディフェンダーグレード別価格一覧 ・90ディフェンダー…499万円 ・90ディフェンダー S…582万円 ・90ディフェンダー SE…648万円 ・90ディフェンダー HSE…730万円 ・90ディフェンダー ファーストエディション…739万円 ・110ディフェンダー…589万円 ・110ディフェンダー S…663万円 ・110ディフェンダー SE…732万円 ・110ディフェンダー HSE…812万円 ・110ディフェンダー ファーストエディション…820万円  ※本稿は2020年6月のものです 文:ベストカー編集部/写真:LANDROVER 初出:『ベストカー』 2020年7月10日号

■72年ぶりのフルモデルチェンジ!? 

    ディフェンダーの歴史は長い。正式に「ディフェンダー」の車名が与えられたのは1990年のことだったが、これは、ランドローバーブランドのモデルに、『レンジローバー』のほかに『ディスカバリー』が加わったため、区別するためにそれまで単に『ランドローバー』と呼ばれていたモデルに車名を付けたのだ。   その視点で見ると、『ディフェンダー』の始祖は1948年に登場した「ランドローバー」であり、英国特殊部隊の作戦車のベースにもなる、言ってみれば究極のオフローダー。   この初代がシリーズIIIまで進化していた1983年、マイナーチェンジを実施。  『ランドローバー90/110』となるのだが、これが1990年に初代『ディフェンダー』と名付けられるモデルであった。   とはいえ、インテリアやパワートレーンはアップデートされているものの、この時点でもシャシーやボディの基本は1948年にデビューした際のまま。   2013年に生産の終了を発表し、2015年に生産を終了する (その後、2018年に70周年記念モデルが150台限定で復活販売) までいわゆるフルモデルチェンジは一度もされていなかったのだ。   というわけで、初のフルモデルチェンジで72年ぶりに2代目へと進化した『ディフェンダー』、昨年9月にフランクフルトショーで初公開され、11月に「ローンチエディション」が日本でも先行予約を開始。   そして、4月9日より正式カタログモデルが日本国内で予約開始となった。

【関連記事】