Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋優、感情と妄想のギャップを歌い続けた10年「幸い、僕は満たされた経験が少ない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 今年デビュー10周年を迎えたシンガーソングライターの高橋優。学生時代にストリートライブを始めて以来、様々な表情の音楽を100曲以上歌い上げてきた。その根源には、生きていく中で感じる孤独や怒り、疑問があるというが、10年もの間現状に満足することなく、感情を音楽に注ぎ続けるエネルギーはどこから湧いてくるのだろうか。10月発売予定の新作アルバムでは、コロナ禍の外出自粛中に渦巻いていた感情を放出し、「人様には見せられないような自分を落とし込んだ」と語る高橋に聞いた。 【写真】三浦春馬さん&城田優“イチャイチャ”仲良しオフショット、高橋優主題歌ドラマで共演 ■コロナ自粛が自身と向き合う機会に “人様に見せるのもおこがましいような自分を曲に”  1年9ヵ月ぶりの新曲となった「one stroke」。「大変お待たせしてしまいました」と切り出す高橋の表情は明るい。「昨年の12月から『free style stroke』というツアーを行いました。そのコンセプトは自分の総括じゃないですけど、改めて自由にセットリストを組んで、自分らしい音楽の表現方法を追求したらどんな音楽になるか、ということ。いろいろ実験的なことがやりたい中で未発表の曲を組むことにしました。せっかくだから想いの強い曲を制作し、ツアーをやりながら歌詞を変え、表現方法を変え、曲はどんどん進化させ…。そして完成したのが『one stroke』です」  タイトルの“one stroke”は、「いち移動」「ひと羽ばたき」「泳ぎのひとかき」といったニュアンス。自身の「ひと羽ばたき」を言葉に言い換えるとどんな楽曲になるか、ということを考えることから曲作りはスタートした。思い入れが強いのは2コーラス目。敢えて言葉を整えず、自身の想いを解放し、荒削りなまま表現したのだと言う。「ちょっとヒリヒリした言葉が散りばめられたのかなと思っていて。歌っていて感情が乗っちゃう部分でもありましたね」  満を持して臨んだツアーだったが、新型コロナウイルスの影響で2月で中止に。その後緊急事態宣言が出され、高橋も自粛を余儀なくされた。 「自粛中は家でアルバム用の曲作りに没頭していました。そのうち、目線が改めて内面に向いてきて。結果、自分の外側で起きている出来事に対して、内側で渦巻いていたものが表出してきたんです。しかも、これまで向き合ってこれなかった気持ちが。例えば、有名画家のムンクの『叫び』という名作絵画がありますが、不安や恐怖を表現しているものの方が、何か魅力が生まれてきたりするのではないかとも思うんです。デビュー当時から実はずっと持っていた、人様に見せるのもおこがましいような、そんな自分を落とし込んだ曲がたくさん生まれたように思います」

【関連記事】