Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブリヂストンの「ツアーB」最新モデルが発表! いったいどんな性能? ドライバーからウェッジまでざっくり紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ブリヂストンの人気ブランド「ツアーB」シリーズの最新モデルが発表された。いったいどのような性能になっているのか、ドライバーからウェッジまでご紹介しよう。

ねじれない弾道でより遠くへ飛ばす「ツアーB X」ドライバー

新たなツアーBシリーズはドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、そしてアイアン3モデルにウェッジ2モデルをラインナップ。

ニューモデル「ツアーB X」ドライバーは、ねじれない弾道でより飛距離を追求したクラブ。クラウン部には新設計の「ハニカムストリング」を採用。トウヒール方向(構えた際の縦方向)の剛性を強く、フェースバック方向(構えた際の横方向)を弱くすることで、インパクト時のたわみの復元力を高め、ねじれない弾道で高初速・高打ち出しを実現しているという。

また、前作の「ツアーB JGR」にも採用されていた、フェースを裏側から突起で抑える「サスペンションコア」も引き続き採用。これによって、フェース面上の高初速エリアの拡大も果たしている。 ソール後方には着脱可能な7グラムのウェートをトウ~ヒール側に調整できる「アジャスタブルカートリッジ2.0」を搭載。スウィングに合わせて5段階の調整を行うことができる。 すでにテストした契約プロからも好評のようで、堀川未来夢や古江彩佳らも弾道がねじれない点を評価。関藤直煕は、なんとマイクラブと比較してプラス22.6ヤードも飛距離アップしたという。 ヘッドサイズは460ccで、ロフト角は9.5度と10.5度の2種。シャフトはグラファイトデザイン製のオリジナルシャフト「ツアーAD TX3-5」をはじめ5モデルから選べる。

FW、UTにもドライバーと同じ技術を搭載

フェアウェイウッド「ツアーB X-F」、ウッド型ユーティリティの「ツアーB X-H」に関してもドライバーと同様に、フェース裏側のサスペンションコアを搭載。X-Fにはクラウン部のハニカムストリングも搭載され、より高弾道かつねじれない弾道を実現。 X-Fではソール下部後方に55グラム(3番の場合)の内部ウェートを配置し低重心設計にすることで、高弾道に加えて寛容性も兼ね備えている。ロフトは3番(15度)と5番(18度)の2種だ。 X-Hについてはクラウン後方に12グラムの内部ウェートを配置することで、高MOIかつ高深重心設計を実現。スピンコントロール性能と寛容性を向上させ、アイアンの感覚でピンを狙える一本に仕上がっているという。こちらは2番(18度)、3番(21度)、4番(24度)がラインナップされている。

【関連記事】