Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

失敗から学んだ「 Quibi 」、コンテンツ重視へ戦略変更:ハリウッドの鳴り物入り新動画サービス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

もしかしたら、Quibi(クイビー)にとって遅すぎることはまったくないのかもしれない。モバイル専門のユニコーン企業からテーブルステークス(市場参入に最低限必要な条件を備えた)のストリーミングサービスへと戦略がシフトしつつあるように見え、Quibiの当初の傲慢さが薄れてきた、とプロデューサーたちは語る。その一方で、Quibiアプリの毎週のダウンロード数は増えてきている。 はっきりさせておくと、ジェフリー・カッツェンバーグ氏が手がけるストリーミングサービスのQuibiは、驚くべき大失敗だった。4月6日のサービス開始に先立ち、Quibiは大いに騒ぎ立てた。ハリウッドの大手スタジオからの多額の支援。クリッシー・テイゲンやスティーブン・スピルバーグのような大物が登場する番組ラインナップ。モバイル専用ストリーミングサービスのQuibiが特別である理由を示すよう意図された、縦向き視聴と横向き視聴を切り替えられる鳴り物入りの機能。だが、そうしたものはいずれも、無駄だったようだ。ストリーミングサービスの開始という観点からいえば、Quibiは、一方ではベライゾン(Verizon)が打ち切ったGo90(ゴーナインティ)に、もう一方では9カ月間で6050万人の契約者を獲得したDisney+(ディズニープラス)に匹敵する。

不名誉殿堂に加えるのは時期尚早

それでも、昨年のリメイク映画『キャッツ(Cats)』と並んで、ハリウッドの不名誉殿堂にQuibiを加えるのは、時期尚早かもしれない。Quibiは、冷たい反応に恐縮したように見える。なにしろ、6月の時点で、このままのペースで行くと、1年目の契約者数は、740万人という目標に届かずに500万人にとどまると報じられているくらいだ。 サービス開始に先立ち、Quibiは、対応が難しいという印象を一部のプロデューサーに与えた。Quibiを含む、複数のストリーミングサービスにプロジェクトを売り込みに行ったプロデューサーは、Netflixやワーナーメディア(WarnerMedia)のようなほかの買い手が、すぐに値を付けるのに対し、Quibiは良いタイミングを待つのに気付いた。「サービス開始後の否定的な報道の山にすぐに対応して、メディアの論調を変えさせた。『我々は傲慢すぎた。まだ大成功していないのは明らかだ。やり方を変える必要がある』と言ってきた」と、あるプロデューサーはいう。 Quibiは実際、独自の驚くべきプラットフォームではなく、標準的なストリーミングサービスに似た動きを取り始めている。当初はモバイル専用だったアプリは、6月に、コネクテッドTVに番組を配信できるオプションを追加した。続いて7月には、Twitterやインスタグラムのようなプラットフォームで、番組のスクリーンショットを共有できる機能を付加した。これまでサブスクリプション型だったアプリは、オーストラリアとニュージーランドで、無料の広告付きバージョンのテストもしており、金を払うだけの価値がある番組だと証明しなければならないとQuibiが認識している兆候が、表面的にはみられる。

【関連記事】