Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈目利きのテイクアウト〉出版界きっての食通が推薦! 今しかお目にかかれない、おばんざい屋さん

配信

食べログマガジン

〈おいしいテイクアウト・特別編〉

新型コロナウイルスの影響で外食も自粛ムード。こんな時だからこそ「お家でおいしい食事をして元気になってほしい」と、テイクアウトを始める飲食店が続々と登場している。食べログでは「テイクアウトできるお店特集」がスタート。そして、食べログマガジンでも連載「おいしいテイクアウト」を開始した。 小さな子供がいて諦めていたあのお店の味も、いつもは予約でいっぱいのあのお店の味も、テイクアウトならお家でゆっくり味わえる。在宅勤務で自炊も飽きてきた、そろそろプロの味が恋しい……。さあ、もっとテイクアウトを活用して、日本の素晴らしい飲食店を応援しよう。 今回は特別編として、「僕はこんな店で食べてきた」でお馴染みの食べログ グルメ著名人・柏原光太郎さんに、東京・荒木町の人気割烹が開店したおばんざい屋さんを教えてもらいました。是非参考にして、充実したお家時間をお過ごしください。

〈目利きのテイクアウト〉出版界きっての食通がおすすめするのは、今しか食べられないおばんざい!

昔の花街の色合いを残す荒木町にある小体な割烹「御料理ほりうち」が突然、看板を「おばんざい堀内」に変えたのは4月14日のことでした。

「4月7日に緊急事態宣言が出てお客様がめっきりと減ったため、私ができることはなにかと、12日に店を閉めてから2日間考えていたんです。ほかの店と同じようなテイクアウトはやりたくない。うちだからできることを考えた末に、常連客のリクエストをお聞きして、お好きなものを作るおばんざいにしようと決めたんです。だから屋号も変えました(笑)」と話す堀内さやかさんは日本料理一筋で修業し、一年半前に独立しました。

まっとうな割烹料理に山梨出身の彼女らしく鶏のもつ煮をスペシャリテにするなど、遊び心も散りばめたメニューですぐに人気店になりましたが、この1カ月は店を閉めて、おばんざいをひたすら作りました。

「トマトと海月のマリネ」600円、「肉じゃが」2000円や「河豚のから揚げ」小 1500円など、日々変わる20種類ほどのアラカルトから選んでもいいですが、常連はほとんど、堀内さんにおまかせ。

【関連記事】