Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドヤ顔MAX!多井隆晴、“最速最強”ぶりは健在「僕はまだ輝ける」今期初勝利/麻雀・Mリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 これぞ現役No.1プロ雀士。そんなドラマティックな試合運びに、ファンも熱狂した。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」10月12日の第2試合で、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が序盤から大きく加点、終盤に赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)に逆転を許すも、再逆転を決めて今期1勝目、チームにも初トップをもたらした。 【動画】多井隆晴、会心のドヤ顔  この試合の対局者は起家から多井、セガサミーフェニックス・和久津晶(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)の並びでスタート。  多井は開局早々に鈴木の跳満ツモを親被りで失点。しかし東2局に5200点をアガると、南1局で迎えた親番でリーチ・ツモ・赤2・ドラ3の1万8000点をツモ。その後もテンパイ料や南1局3本場での満貫ツモなどで抜け出したかに見えた。  その後、20年来のライバル鈴木の猛追を受け、オーラスではマクられてしまう展開に。しかし「(白鳥)翔ちゃんがラスを引いていたので、絶対にやってやろうと」と試合後に語ったように、トップへの強い執念を見せ、オーラス1本場でリーチ・ツモ・赤・裏ドラをアガり、8000点(+300点)の加点により、再逆転に成功し自身は今期初勝利、チームにも初トップをもたらした。この激戦には解説の瀬戸熊直樹(連盟)も「竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ)」と故事成語を持ち出し、内容に感服した様子だった。  対局中はアガリの発声も小声で、アガっても苦悩の表情を浮かべていた多井。インタビューではこの会心の逆転トップに、これでもかとばかりに“ドヤ顔”MAX。南1局の跳満ツモの際は「1カ月に1回しか来ない手。『Mリーグで僕はまだ輝けるよね』って思いながらリーチしていて、空振りが続くようなら引退の時かなって考えるじゃないですか」と、対局中の心境をいかにも多井らしい言葉で説明した。  ファンへは「待たせたね」と一言。ファンが求めることなら何でもやるスタイルの自身の配信では「ふざけてんのか」と言われることもあるとして「まだまだ明日からもふざけていこうかな」と、これまで通りの自分のスタイルを、卓の外でも貫くことを宣言。最後はカメラに向かい再び“ドヤ顔”と決めポーズ。見ている側が気持ちいいほど勝ち誇った様子だった。  視聴者からも「たかはる強かった」「この人強いからみんなついてくる」「アンチも惚れる強さがあるね」とコメントが投稿されていた。 【第2試合結果】 1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)6万1400点/+81.4 2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)5万3400点/+33.4 3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)6300点/▲33.7 4着 セガサミーフェニックス・和久津晶(連盟)▲2万1100点/▲81.1 【10月12日終了時点での成績】 1位 赤坂ドリブンズ +170.9(6/90) 2位 EX風林火山 +100.1(4/90) 3位 KADOKAWAサクラナイツ +77.8(4/90) 4位 渋谷ABEMAS ▲2.5(6/90) 5位 セガサミーフェニックス ▲43.7(6/90) 6位 TEAM雷電 ▲62.6(4/90) 7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.8(6/90) 8位 U-NEXT Pirates ▲131.2(4/90) ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会 ◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

【関連記事】