Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

じゃがりこ「大人向けパッケージ」やったことある〝しぐさ〟を現実化 愛ある警告文「おいしいだけです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

ちまたで人気のお菓子「じゃがりこ」。スティック状の見た目が特徴で、ついついタバコのように吸ってしまう……という人もいるのではないでしょうか? そんな経験から、市販品のタバコケースをモデルに、大人向けの「専用パッケージ」を生み出した大学生がいます。ツイッター上で大きな反響を呼んだ作品の秘密に迫りました。(withnews編集部・神戸郁人) 【画像】大人でもついつい「吸いたくなる」…そんな願望を形に!じゃがりこファン垂涎、遊び心満載なケース

「心筋梗塞の危険性を高めません」

8月13日、2枚の画像がツイートされました。 一枚目に写っているのは、タバコのパッケージ風で、手のひらに収まるサイズの箱です。白地に緑色で、「じゃがりこ」のロゴが記載され、2本足で立つ動物のようなシルエットも見えます。 下部に目を移すと、警告文のようなメッセージが。しかしよく読めば「じゃがりこは、あなたにとっての心筋梗塞(しんきんこうそく)の危険性を高めません。おいしいだけです」など、思わず笑顔になるような文言であると気付くのです。 更に二枚目には、ふたが開けられた状態のパッケージが登場。じゃがりこがぎっしり詰まっていて、何とも食欲をそそります。「これは友達に出したい」「何て夢があるタバコ」。画像にはそんなコメントが連なりました。 19日時点で52万超の「いいね」がついたほか、リツイート数は11万回超に上ります。じゃがりこのキャンペーン情報を告知する、公式アカウントまで「巡回」するなど、すさまじい盛り上がりを見せました。

幼い頃の記憶がきっかけ

製作者は、20歳の立命館大3年・なるみさん(@sho_555_913)です。数年前から、ツイッター上でユーモアを交えた投稿を続けてきました。「じゃがりこ」のパッケージも、「誰かに笑ってもらう」という目的で手がけたのだそうです。 「先日じゃがりこを食べていたら『小さい時にも、タバコのようにくわえて遊んでいたな』と、ふと思ったんです。そこで、タバコ風のケースを作ってみたら面白いんじゃないか、という考えに至りました」 デザイン上、意識したのは「本物のタバコっぽく見せる」ということ。市販品のケースを観察し、ロゴの形や、注意書きの表現などについて研究。パソコン上でモデルを作り、プリントアウトしたものをタバコの空き箱に貼り付け、3時間ほどで完成させました。 「追求したのは、パロディであるとわかるような外見です。想像よりも、ずっとおしゃれで、面白いものができました」。なるみさんは、そう振り返ります。

「子ども心」思い出して

今回の作品画像を目にして、少なくない人々が好意的に反応しました。なるみさんは「非常に驚いている」とした上で、次のように喜びます。 「思っていたよりも大きな反響をいただいています。『たくさんの人が僕と同じようなことを考えていたんだな』と感じました』 「SNS上では、炎上騒動や、誰かを攻撃するようなやり取りが多く見られます。だからこそ、子ども心を思い出せるような情報があってもいいんじゃないでしょうか。今回のツイートで、少しでも楽しい気分になって頂けたなら、とてもうれしいです」

【関連記事】