Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今旬の女優・山田杏奈と山口まゆ、『犬鳴村』に続く「恐怖の村」第2弾『樹海村』でW主演決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デビュー

 今年2月に公開され大ヒットを記録した清水崇監督作品『犬鳴村』。同作に続く「恐怖の村」第2弾のタイトルが『樹海村(じゅかいむら)』に決定。“入ったら生きては出られない”と噂される富士の樹海を舞台に展開する新作に、今旬な女優の二人、山田杏奈と山口まゆのW主演が決定した。 【写真】『樹海村』の海外版ビジュアル。  山田杏奈は、2018年の『ミスミソウ』で映画初主演を果たし、2019年の『小さな恋のうた』ではヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞するなど活躍目覚ましい新進女優。「こういう話(ホラー映画)をやらせていただくのは初めてなので少し緊張していますが、良い意味でいつもどおりできたらなと思ってます」と意欲を見せる。  もう一人の主演・山口まゆは2014年『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』でドラマ初出演、2015年の映画『くちびるに歌を』では合唱部員役で歌声を披露し、映画『下忍 赤い影』では時代劇に挑戦するなど、今後の活躍が期待される女優。山口は、実は清水組2回目の参加で「再び清水監督の作品に参加させていただけること、本当に嬉しく思っています。精一杯努められるよう頑張ります」と語っている。  クランクインは7月11日より、万全な新型コロナウイルス対策の下でスタートする。今最も旬な女優たちの化学反応に期待したい。 ■山田杏奈コメント 「私は全く心霊体験とかがないので、周りのそういう感覚がある方にお話を聞かせていただいたりとか、本を読んだりして準備しました。普段ホラー作品自体もあまりみていなかったのですが、最近は準備のためホラーばかり観てます。清水監督の作品はもちろん、おすすめしてもらい『シックスセンス』や『降霊』などを観ました。こういう話をやらせていただくのは初めてなので少し緊張していますが、良い意味でいつも通りできたらなと思ってます」 ■山口まゆコメント 「私自身、本当にホラーが苦手で…小さい頃はレンタルビデオ屋のホラーコーナーに少し行っただけで映画のパッケージが目に焼き付いて夜寝れなくなったり。でも子役の時にエキストラとして初めて参加した映画作品が、清水崇監督の『ラビットホラー』という作品だったので、こうしてまたお会いできたことに凄く驚き、何かご縁を勝手ながら感じております。再び清水監督の作品に参加させていただけること、本当に嬉しく思っています。精一杯努められるよう頑張ります。撮影はこれからで緊張や不安も沢山ありますが、キャストやスタッフの皆さんと楽しく頑張れたら良いなと今からとてもワクワクしています。完成を楽しみにしていただけますと幸いです」

【関連記事】