Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生涯の一枚、松任谷由実と山下達郎のライブ盤を振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年7月の特集は、ライブ盤。今回は、荒井由実と山下達郎のライブアルバムを語っていく。 松任谷由実と山下達郎のライブ盤を振り返る あなただけのもの / 荒井由実 こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、松任谷由実さんの「あなただけのもの」。1996年12月に発売になったライブアルバム『Yumi Arai The Concert with old Friends』からお送りしております。松任谷由実さんが、荒井由実名義時代の曲ばかりを集めた同窓会コンサートの一曲目。メンバー紹介から始まってるんです。今日の前テーマはこの曲です。 今月2020年7月の特集はライブ盤。2ヶ月連続でのライブ盤特集。レジェンドたちが残してきたライブアルバムから聴いていきます。今週は9週目で最終週です。何をやろうかな? 何でこの特集を締めようかな? と考えていたんですが、このシリーズはライブがないのが寂しいから、改めてラジオ番組でライブの雰囲気を味わえたらなあと思って始めたんです。でも、やっていくうちに趣旨が変わってきました。あのアルバムがあった、あんなライブがあった、という流れでだんだんと深入りしてきました。自分が観てきたライブ、自分の中のライブヒストリーを辿り直すような流れになってしまったんですよ。その流れの中で、最後を誰で締めるか? 松任谷由実さんと山下達郎さんのお二人で締めようかと思っております。

山下達郎とユーミンの共通点

このアルバムの話もしていこうと思うのですが、このお二方は音楽的に近いというものはどなたでも納得していただけるかと思います。時代的にも本当に重なっているんですね。ユーミンのデビューというのが1972年7月のシングル『返事はいらない』、アルバムは1973年11月の『ひこうき雲』ですね。達郎さんが参加していたバンドのシュガー・ベイブは1973年に結成、その前に達郎さんが自主制作盤を作ったのが1972年、シュガー・ベイブの解散が1976年なんです。ユーミンが結婚して、荒井由実ら松任谷由実へと名前が変わったのは1976年で、重なっている。ユーミンの2枚目のアルバム『MISSLIM』にはシュガー・ベイブがコーラスで参加しております。『MISSLIM』から『COBALT HOUR』、『14番目の月』のコーラスアレンジは達郎さんなんです。ファンの方はご存知かと思いますが、シュガー・ベイブにはレコード化されなかった「ユーミン」という曲もあるんです。彼らのライブには、よくユーミンがゲスト出演しておりました。共通点はもう一つあります。ライブ盤が少ないんですね。ユーミン1986年のツアー「DA・DI・DA」、そして今日の荒井由実コンサートの二枚だけです。達郎さんも1978年の『IT’S A POPPIN’ TIME』と1989年の『JOY』の二枚だけです。J-POPのスーパーレジェンドの2人の曲をライブ盤で聴いてみよう、あの時代をちょっと味わってみようというのが今週の趣旨です。題して、“永遠のライブ盤”。まずは達郎さんの曲をお聴きいただきます。1989年発売の『JOY』より、「LAST STEP」。 LAST STEP / 山下達郎 山下達郎の1976年の1stアルバム『CIRCUS TOWN』より「LAST STEP」。作詞が吉田美奈子さん、作曲が山下達郎さんですね。1976年に発売になった吉田美奈子さんのアルバム『FLAPPER』のために書いた曲ですね。シュガー・ベイブ時代にも演奏されておりました。シュガー・ベイブを初めて観たのが、1975年1月24日の新宿・厚生年金会館小ホール、2ndコンサートだったんですね。そして、最後の荻窪ロフトでの解散コンサート、1976年3月31日と4月1日。僕は4月1日に観たのですが、こちらでも「LAST STEP」をやられていましたね。あの日、解散コンサートでどんな曲をやったのかっていうのは実は覚えていなかったんです。ライブの雰囲気とかお客さんがカウンターの中まで入っていたのは景色として覚えているんですが、曲順とかが今なら分かるんですね。インターネットすごいですよ。この解散コンサートで「LAST STEP」を披露しておりました。

【関連記事】