Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴツくなった!?と噂の久保建英 恩師が指摘する進化「“サッカーの筋肉”になっている」

配信

Football ZONE web

鋭いターンを支える“首の筋肉” 「トレーニングを昔からずっとやっている」

 なかでも木場氏が強調していたのは、体幹のインナーマッスルの強化が果たす役割の大きさだ。例として久保はドリブルでのターンが非常にスムーズだが、その秘訣の一つが「首の筋肉」だという。 「ストップしてから次の動作に入るターンの時、首から骨盤までの骨に付いているインナーマッスルがしっかり反応しないと、首の回転、振り向く動作が遅くなってしまう。首の筋肉が弱いと頭がブレて、ターンが遅くなるんですね。ターンを速くするためによく言っているのは、『腰のひねりと同時に頭も動かしなさい』ということ。彼(久保)の場合は首も一緒に付いていくようなトレーニングを昔からずっとやっているので、自然とそういう筋肉が付いています」  体の軸がブレず、急速なターンで相手DFを翻弄するシーンも印象的な久保。順調に首周りを含むフィジカルが伸びていることも踏まえれば、リーグ戦再開後はキレ味の増したドリブルにも期待できそうだ。 [PROFILE] 木場 克己(こば・かつみ) KOBA式体幹バランストレーニング協会代表。都内の「COREトレSTUDIO」運営。鍼灸師、柔道整復師。FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)を経て独立。久保建英、中井卓大らの専属トレーナー。

Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura

【関連記事】