Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界的大ヒット『バキ』 新作で描かれる「伝説の親子喧嘩」と「範馬勇次郎」の面白さ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ふたまん+

 先月7日、Netflixは日本でのサービス開始5周年を記念したオンライン会見を開催し、その中で驚くべき発表をした。全世界で配信中の日本発のオリジナル作品の中で、アニメ『バキ』が世界の約50か国で「最も観られた作品 総合トップ10入り」を果たしたのである。 【動画】ファンもざわつく迷シーン? 新作『範馬刃牙』特報映像 『バキ』シリーズと言えば、板垣恵介氏が『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の格闘漫画だ。日本国内での人気は今さら説明するまでもないが、それでも『ワンピース』や『ドラゴンボール』並みに世界的な知名度があったかと言えば、正直なところそこまでではなかったと思う。(誤解のないようにつけ加えておくと、私自身はバキシリーズを全巻所持する昔からのバキファン、いえ板垣恵介ファンです)。  その『バキ』のアニメが、世界各国に1億9300万人以上のユーザーのいるNetflixにおいて、約50か国で「最も観られた作品 総合トップ10入り」を達成。当然ながらNetflixには、そうそうたる日本のアニメコンテンツがたくさんある中での偉業なので、その価値は計り知れない。  昨今、Netflixはオリジナルアニメの製作に力を入れており、アニメ『バキ』もそのうちの1作。アニメ『バキ』大擂台賽編はNetflixで独占先行配信したのち、今年7月からテレビ地上波でも放送された。  そして9月22日、早くも続編アニメ『範馬刃牙』の製作が発表されたが、そんな『バキ』の世界的ヒットを見れば当然の流れかもしれない。

■ファンにさまざまな衝撃を与えた『範馬刃牙』

『範馬刃牙』という作品は、『グラップラー刃牙』『バキ』と続いたシリーズの第3部に当たる。『バキ』のラストシーンで主人公の範馬刃牙は、深い因縁のある父親の範馬勇次郎に挑戦を申し出たが、アニメ『範馬刃牙』はその戦いに至るまでを描くストーリーとなる。  個人的なファン目線で言わせてもらうと、この『範馬刃牙』の原作コミックは読めば読むほど面白くなるスルメのような作品だと感じる。次々と奇想天外かつ衝撃的なエピソードが飛び出し、連載中はその一部分だけがネタ的にクローズアップされがちだったが、正直連載を流し読みした程度では『範馬刃牙』の本当の意味での面白さは伝わらないのかもしれない。  第1部『グラップラー刃牙』で、刃牙の母親である朱沢江珠を殺したのが範馬勇次郎だ。無謀にも勇次郎に戦いを挑んだ幼年時代の刃牙は実の母親に守られて命拾いをし、その母親が身代わりのように勇次郎に殺されるという悲劇を生んだ。 「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎に挑むことの意味、危険性を誰よりも知る刃牙が、どのような準備を経て再戦に臨むのか、そしてその戦いはどんな決着を迎えるのか、ぜひその目で見届けてほしい。

【関連記事】