Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

選手1人感染の福岡、関係者45人のPCR検査で全員陰性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

 アビスパ福岡は4日、チーム関係者45人を対象に行ったPCR検査で全員が陰性だったと発表した。  福岡では2日、選手1人がJリーグ公式検査(7月31日に実施)の結果「陽性の可能性が非常に高い」ことが分かり、登録メンバーにも濃厚接触者がいる懸念があるとして、同日に行われる予定だったJ2第9節大宮戦がキックオフ直前で中止となった。3日には最終検査結果が判明し、MF前寛之の陽性が確認。同日中に独自で検査を行っていた。  なお、Jリーグ公式検査の結果でも前以外の選手・関係者は全員陰性だったという。クラブは「今後は、引き続き管轄保健所の指導を仰ぎながら、施設の消毒、選手スタッフの体調管理等、改めて万全の対策を講じた上で行ってまいります」としている。

【関連記事】