Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

杉田かおる、4年ぶり地上波ドラマに クレーム処理係の女性を“私自身の人生とだぶらせて”熱演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 今夜4月23日20時放送のドラマ『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系)の第3話に、芸能生活50年を間近に控えた女優の杉田かおるがメインゲストとして登場する。近年、実母の介護のため仕事をセーブしてきた杉田にとって、地上波のドラマ出演は約4年ぶり。物語の鍵を握るスーパーのクレーム処理係を演じる。 【写真】杉田かおるがゲスト出演! 『警視庁・捜査一課長2020』第3話場面写真  ヒラ刑事からはい上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く本作。第3話は、大岩のもとに「割引シールを貼られた遺体が見つかった」という知らせが届いたところから始まる。  被害者の警備員・桃山辰徳(尾崎右宗)の右手には、なぜか“3割引き”のシールが貼られていた。彼は近所で有名なクレーマーらしく、事件当日もスーパーに電話をかけており、クレーム担当の九条菊子(杉田)が対応したことが判明。その矢先、菊子が昼休みの日課にしている“素振り”用のバットがなくなっていることが分かり、彼女に対する疑惑が深まって…。  2018年1月に実母をみとるまでの数年間、介護を中心とした日々を送り、女優としての活動を減らしてきた杉田。2016年7月放送の『水族館ガール』(NHK)以来、約4年ぶりの地上波ドラマ撮影となったが、「この『警視庁・捜査一課長2020』は“王道のドラマ”という感じで、すぐに現場を楽しむことができました。ふるさとに帰ってきた感じで、皆様、ブランクをこえてあたたかく迎えて下さって感謝しています」と、楽しみながら久々のドラマ撮影に臨んだことを明かした。  今回演じた九条菊子はスーパーの苦情対応担当で、「お客様からの電話は“クレーム”ではなく、“貴重なご意見”です」と言い切る謝罪のエキスパートだ。しかし、実は1年前、ある出来事に遭遇するまで、菊子は本部のマネージャーとしてバリバリ働いていた事実が浮上。杉田はそんな挫折を味わった菊子を演じるにあたり、「第一線でキャリアをつんだ女性がトラブルに巻き込まれても一生懸命、乗り越えようとする姿に、少し自身の人生もだぶらせて役作りさせて頂きました」と明かしている。  また、学生時代ソフトボール選手だった菊子は、昼休みにバットを振ってストレスを解消しているという設定もあり、劇中では素振りも披露。小学校時代、野球部だったという杉田は「たぶんフォームはいいのではないかと思います(笑)」と、このシーンの出来栄えに自信をのぞかせるとともに、「ブランクを感じさせないよう、でも楽しみながら演じさせて頂きました。おばちゃんになった杉田かおるも、どうぞ今後ともよろしくお願い致します」と、飾らないメッセージを寄せている。  杉田かおるがゲスト出演する『警視庁・捜査一課長2020』第3話は、テレビ朝日系にて今夜4月23日20時放送。

【関連記事】