Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルイス・ハミルトンは否定的? 盛り上がるeスポーツについて考えてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるくら

レースゲームが超絶進化! 佐藤琢磨選手やマックス・フェルスタッペン選手など、現役トップレーシングドライバーも続々参戦するeスポーツの魅力とは? イベントの模様に合わせて最新事情をレポートする。 【すべての写真を見る】佐藤琢磨もF1ドライバーも続々参戦!

 ここ最近、eスポーツ(コンピュータゲームをスポーツ競技として、腕を競い合う)の世界に続々とプロのレーシングドライバーが参戦していることをご存じだろうか。その大きなきっかけとなったのは、いまも猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大だ。  世界各国で開催が予定されていたレースイベントが続々と中止・延期に追い込まれていくなかで、eスポーツによるバーチャルレースに現役のトップドライバーたちがこぞって参戦を表明。一気に注目を浴びた。  プレイヤーをオンラインでつなぎ、接触を避けつつレースができるeスポーツは、今の時世にはまさにうってつけのコンテンツだ。バーチャルとリアル、ふたつの世界が融合することでeスポーツは今後どう変わる!?

佐藤琢磨選手もバーチャルレースに参戦!

 先日、世界3大レースのひとつに数えられる「インディ500」で2度目の優勝を飾った佐藤琢磨選手も、今回新たにeスポーツに参戦した大物ドライバーのひとりだ。  北米最高峰のカーレース「インディカー・シリーズ」は、新型コロナの感染拡大によって大会の中止・延期を余儀なくされたが、ファンサービスの一環としてレーシングシミュレーターを使ったバーチャルレース『iRacing』と提携し、現役インディカードライバーによるオンラインバトル『IndyCar iRacing Challenge』を開催。そこに佐藤琢磨選手も参戦した。  舞台となったのは、かつて実際にインディが開催されていたツインリンクもてぎ。オーバルコースは東日本大震災以来レースは行われていないが、バーチャル空間で10年越しのレースとなった。  琢磨選手は今回、IndyCar iRacing Challengeに参戦するため、シミュレーター機材一式を購入するところからはじめたという。iRacingは超本格派ゆえ、機材選びは大変だったそうだ。実際に走ってみると、映像が美しいことは当然ながら、もてぎ特有のバンプだったり、独特の難しさだったりが忠実に再現されていて驚いたそう。  実車との違いは、バンクの角度やGフォース、車の角度(グリップが抜けた瞬間)といった情報がまったく感じ取れないこと。ステアリングから伝わってくるフォースフィードバック(操作や画面内の状況に連動して発生する振動や衝撃)と視覚的情報がすべてなので、コントロールすることが難しいが、それでも再現力は非常に高く感じた、とレース後のインタビューで答えている。  レースの模様が収録されているYou Tube動画を見ると、レースエンジニアも交え、実戦さながらテレメトリーを駆使し、タイヤの摩耗や温度管理、さらには燃料消費など車両の状態を常にドライバーとオンラインで共有しながら挑んでいる様子がうかがえる。 「INDYCAR iRacing Challengeは、バーチャルである以外はほとんど本物と同様のオペレーションになります。レースコントロールがあり、2日間の合同練習や、チームのエンジニアたちもオンラインで日夜バックアップするなど、本当に真剣なレースです。コース上でのバトルはいつもレースしているドライバーの癖なども見えて本当に面白い反面、とてもコンペティティブなフィールドでした」と琢磨選手は自身の公式サイトでコメント(一部抜粋)。結果は12位だったが、一時は3位を走行するなど世界中のファンを大いに沸かせてくれた。

【関連記事】