Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「曇らないマスク」おすすめ3選 眼鏡の曇りを防止する【2020年最新版】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Fav-Log by ITmedia

 マスク使用時に、眼鏡が曇ってストレスを感じたことはありませんか? こうした眼鏡ユーザーの悩みを解消してくれるのが、曇らないマスクです。  最近では、フィット感を高めて息漏れを防止するタイプのマスクから、眼鏡をかける人のために開発されたマスクなどがあります。  ここでは、曇らないマスクの選び方と、おすすめの製品を紹介します。眼鏡をかけた状態でも快適にマスクを使用できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

曇らないマスク:鼻の部分に隙間を作らないマスクがおすすめ

 眼鏡が曇ってしまうのは、マスクから漏れた息と外気との温度差により、レンズに結露が発生してしまうからです。マスクから漏れる息が眼鏡を曇らせてしまうのです。そのため、曇らないマスクを選ぶ際は、特に鼻の上から息が漏れない製品を探しましょう。  曇り防止の機能があるマスクなら、鼻の部分をしっかり覆えるように、ノーズフィッターやノーズワイヤーが付いています。ノーズフィッターやノーズワイヤーがあれば、鼻の形に合わせてマスクをフィットさせることができます。これで鼻から息が漏れて、眼鏡を曇らせることは避けられます。その他、隙間を作らないフィット感の強いマスクなら、眼鏡の曇りを軽減できます。  ただし、曇り防止に対応したマスクでも、必ずしも曇りが防げるわけではありません。状況の違いにより曇ってしまうことはあるので、その点はあらかじめ認識しておきましょう。

曇らないマスク:通気性のよいマスクがおすすめ

 曇らないマスクは、顔にフィットさせることで息漏れを防いでいます。ただし、隙間を作らないタイプのマスクの場合、息苦しさを感じることもあります。通気性が低いと、熱がこもり、マスクの中が蒸れてしまうこともあります。息漏れ防止の機能に加えて、通気性の高さにも注目しましょう。  また、汗をすばやく蒸発させる速乾生地なら、汗による不快感を避けることもできます。息のしやすさを左右する要素としては、伸び縮みできる素材かどうかも重要です。フィットさせながらも、口元に空間を作り圧迫感を感じさせないタイプのマスクもあります。これなら呼吸がしやすいのでおすすめです。

【関連記事】