Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウッチャンナンチャンが「リモート構成バラエティー」で魅せ続ける底力

配信

週刊女性PRIME

 新型コロナウイルスの猛威でテレビ業界が試行錯誤している中、特に力を発揮しているのはウッチャンナンチャンかもしれない。 【写真】『世界の果てまでイッテQ!』レギュラーメンバーの私服ショットなど  内村光良は、7本のレギュラー番組のうち6本、相方の南原清隆は『ヒルナンデス』(日本テレビ系)で早々からリモートに挑戦している。2人の番組がリモート式にも関わらず、高視聴率かつネット上で《ウンナンのリモートを駆使したソロ活動が面白い》、《出演者とニヤニヤしながらやり取りするウンナン和む》などと評判が高い。  そこには、お笑い第三世代のとんねるずやダウンタウンとは違った“ウンナンの魅力”が共感をよんでいるのではないだろうか。  内村が司会を務める『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では毎回、番組冒頭のLINE式のグループトークが話題になる。1人だけスタジオ収録の内村に対し、レギュラーメンバーがトークを繰り広げていくわけだが、このやりとりひとつひとつが笑いを生み出していく。  本来、舞台で観客の反応を読み取りながら「笑い」を届けるはずのお笑い芸人が、画面上で文字を使って「笑い」を届けるのは難しいことなのかもしれない。しかしながらそれが成り立つのは、やはり内村の巧みな話術によるものだろう。  一方、南原清隆は『ヒルナンデス!』がリモート生放送に切り替わり、スタジオでリモート中継をつなぎながら獅子奮迅の活躍が高い評価を得ている。  例えば、南原がスタジオ内のどこにいるかを当てる「ナンチャンを探せ」。ひとりしかいないことを逆手に取ったこの企画は、持ち前の南原のキャラクターも相まって視聴者参加型の新しいコーナーとして成立している。  視聴率は4月の月間平均で4.3%、5月4日週の週間平均で5.2%(いずれも個人、ビデオリサーチ調べ・関東地区)と過去最高を更新した。

お笑い第三世代、それぞれの特徴

 ウッチャンナンチャンは、先輩のとんねるずや、ほぼ同期のダウンタウンとともに「お笑い第三世代」といわれ、'90年代から現在までお笑い界を引っ張ってきた。そんな3組は後輩芸人への接し方ひとつにも違いがみられる。それは企画にまで昇華させているほどだ。  とんねるずでいえば、過去に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で“突然”後輩芸人らに高価な品物を購入させる「買うシリーズ」や、“突然”落とし穴に落とされる「全落・水落シリーズ」がある。  “突然”の中から生まれる笑いやとっさの反応は、これまでとんねるずが培ってきた「ドッキリ」や予定調和ではない芸風からくるものではないだろうか。  一見すると“悪ノリ”ともとれる後輩への接し方。しかしながら、有吉は「僕らは本当に楽しかった。とんねるずに遊んでもらっているようなもの」と絶賛し、信頼の厚さを感じ取ることができる。  一方でダウンタウンは、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)や『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)などのひな壇やプレゼンテーション形式でのトークが目立つ。満を持して自分のトーク力を発揮できるこの形式は、準備した芸を全力で披露できる。それは後輩芸人の活躍を後押ししているようにとれるわけだ。 『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)や『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)がまさに“最大のチャンスの場”だろう。これからの若手芸人に一攫千金のドリームを用意している。  しかし、このコロナ禍ではひな壇やプレゼンテーション形式の企画撮影が進められず、テレビ局や制作会社も苦戦している。そのため、特にバラエティー番組は過去のまとめ再放送などが多く見受けられた。  そんな中でウッチャンナンチャンは「リモートで作りだす笑い」を魅せた。その笑いの最たる特徴は彼らのもつ“アットホーム感”ではないだろうか。

【関連記事】