Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「半沢直樹」 朗読劇も盛り上がる…新たな決めぜりふ「やられても…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 朗読劇「半沢直樹」が12日、東京・新国立劇場で上演され、ドラマ版キャストの南野陽子(53)、土田英生(53)、尾上松也(35)、山崎銀之丞(58)が出演した。 【写真】“おばさま”仕様の関西弁で盛り上げた南野陽子も登場  ドラマと同様に、南野と土田は「電脳雑伎集団」の平山社長夫婦役、尾上は「spiral」瀬名社長役、山崎は「太洋証券」広重営業部長役。おなじみのBGMに乗せて、半沢と出会った後の後日談が描かれて、「やられても、やり返さない」という新たな決めぜりふも飛び出した。  トークコーナーでは尾上が、ドラマでの香川照之(54)、片岡愛之助(48)、市川猿之助(44)の演技に言及。“歌舞伎チーム”のオーバーな表現方法が、度々話題となっており、「敵役の先輩方の思う存分やってる姿に、『チクショー』と腹が立って。(撮影を)もう1回頭からやって、(自分も)ドアップの顔芸を作ろうかな」と名物シーンに嫉妬心を燃やした。  TBS系ドラマ版「半沢直樹」(日曜、後9・00)は高視聴率をキープしており、初回22・0%を皮切りに、第7話まで毎回20%の大台を突破している。新型コロナウイルスの影響による撮影の遅れのため、今月6日は緊急生放送となったが、22・2%を記録。延期となっていた第8話が、13日に放送される。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【関連記事】