Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Epic、「Unreal Engine 5」初公開、PlayStation 5でリアルタイムデモ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マイナビニュース

Epic、「Unreal Engine 5」初公開、PlayStation 5でリアルタイムデモ

Epic Gamesは5月13日 (現地時間)、開発中のゲームエンジン「Unreal Engine 5」を初公開した。「Lumen in the Land of Nanite」というデモコンテンツを、次世代ゲーム機PlayStation 5でライブ実行。リアルタイムグラフィックスを前進させる上でカギとなる2つの技術、動的なグローバルイルミネーションと仮想化ジオメトリ、それぞれのソリューションである「Lumen」と「Nanite」の効果を示している。 【写真】今年3月にはPlayStation 5のメインチップの構成と性能を含む技術仕様が公開された グローバルイルミネーションは、光源から直接表面にあたる光だけでなく、照り返しなど複雑な照明効果を計算して自然な光を生成する。Lumenは、無限のバウンスと間接スペキュラ反射を利用したディフューズ相互反射で、キロメートルの規模からミリの詳細さまでスケールしてグローバルイルミネーションでレンダリングする。例えば、時間経過による太陽角度の変化、暗闇の中で動かす懐中電灯の光、天井にあいた穴から差し込む光など、間接ライティングが適応的に変化してリアルな空間を実現する。 Naniteはマイクロポリゴン・ジオメトリの仮想化で、リアルタイムにストリーミング、スケールする。ポリゴン数やポリゴンメモリーの制約に縛られず、目に見える限りの詳細なジオメトリを自由に作成できるようにする。 Unreal Engine 5は2021年初頭にプレビューとして利用可能になり、正式リリースは2021年後半を予定している。現世代および次世代コンソール、PC、Mac、iOS、Androidをサポートする。 前方互換性を持つように設計されており、開発者はUnreal Engine 4で次世代向けの開発を開始しておき、Unreal Engine 5の準備が整った段階で移行することが可能。Epic自身、Unreal Engine 4で開発しているバトルロイヤルゲーム「Fortnite」を最初から次世代コンソールで遊べるようにする。Unreal Engine 5には2021年中頃に移行する。 Epicはまた、ゲームからの収入が100万ドルに到達するまでロイヤリティフリーでUnreal Engineを利用できるようにパブリッシング向けエンドユーザーライセンス契約を変更した。これまでは1四半期あたりの収入3000ドルまでだった。変更は2020年1月に遡って適用される。

Yoichi Yamashita

【関連記事】