Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46山崎怜奈が、地元江戸川区の“共生社会の実現”に向けて委員に選出、地域活性化へと動く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

乃木坂46の山崎怜奈が、これからの東京都江戸川区を構想する為に発足した会議体「えどがわ未来カンファレンス」の委員に選出された。 【関連写真】乃木坂46 中田花奈、ファン待望の水着姿を解禁「女性がほしいものが全部詰まっている」と絶賛の嵐 「えどがわ未来カンファレンス」は江戸川区が、「誰もが安心して自分らしく暮らせる共生社会の実現」に向けて、多様な人々の意見を集め、これからの江戸川区を構想する為に発足した会議体。 山崎怜奈は9月28日(月)には、斉藤猛区長を表敬訪問し、江戸川区出身者として、地元の話から、SDGsや共生社会への考え方、また、えどがわ未来カンファレンスのメンバーとしての抱負について、会話を交わした。 10月12日(月)に、江戸川区内において初会合が開催されるこの会議には、委員として、幅広い分野のジャンルから18名が選任されており、山崎怜奈も、江戸川区出身者としてこの会議に参加して、共生社会の実現に向けた議論を交わしていく。 山崎怜奈は「江戸川区で生まれ育った身として実感していたのは、区内の居住者の年齢層が幅広く、教育現場などでも世代間を超えてコミュニケーションをとる機会が多かったということです。一方で、在留外国人の方々も多く居住されているので、多文化・多言語の共生について改めて考え直す必要があると思います。多文化・多言語の共生は、多くの社会に共通するテーマでもあります。地域活性化の実現だけでなく、区内にお住まいの方々のより心地良く豊かな生活を願っています」とコメント。 また、「大学を卒業したばかりの23歳には未だ分からない問題や懸念も、多々あると存じます。参加に際して、私自身も学ばせていただき、思考を深めながら、取り組みたいと考えています。そして、芸能面での様々な活動や、学生時代に多くの先生方からご教示いただいたことが、本カンファレンスの一助となれば幸いです」と思いを語っている。

ENTAME next編集部

【関連記事】