Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメリカの半分の州は、まだウイルスを封じ込めていない…最新の研究が指摘

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

死亡例の多い州ほど、再生産数が低い

基本再生算数が最も高かった10州のうち、5州は五大湖地域の州だった。イリノイ、オハイオ、ミネソタ、インディアナ、ウィスコンシンの各州だ。また、全50州の中でRtが最も高かったのテキサス州で、アリゾナ、コロラド、アイオワ、アラバマの各州も上位10州に含まれている。 つまり、これらの州では、アメリカの他の地域よりも急速に、ウイルスの感染が広がっているということだ。 研究者は、コロナウイルスによる死者が多い州で、再生産数が低いことを発見した。 これは、これらの州が発生を阻止するために厳格なロックダウンを実施しなければならなかったことが原因だとみられている。 例えばニューヨークでは、これまでに人口の約17%が感染している。しかし、研究者はニューヨークのRtは現在1未満であると推定した。これは、一時期の1人が平均5人に感染させていた状態からみると劇的な減少だ。研究者はニューヨークの自宅待機命令がその発生を封じ込めたと結論付けている。 また、検査やマスクの着用、手洗いの徹底が感染を減らしたかもしれないとしている。 最初にコロナウイルス感染が発生したカリフォルニア州とフロリダ州では、すでに人口の2%近くが感染しているにもかかわらず、Rtはまだ1を超えている。研究者はフロリダでは移動の増加が「感染率を高めているように見える」と指摘している。ただし、彼らはこれらの推定値には「相当な不確定要素」があることも認めている。 研究では、5月17日の時点でアメリカの人口の4%が感染しており、130万人が感染状態にあると推定している。今後2カ月で、アメリカでの死亡者数はこれまでの2倍以上になる可能性があると彼らは付け加えた。 「これらの推計は、効果的な追加的措置が実施されない場合には、現在の規制を緩和する際に注意が必要であることを示唆している」と研究者は記している。一方で、大規模な検査、接触者追跡、マスク着用の義務化などによって感染率が大幅に低下する可能性があるという。 [原文:Nearly half of US states haven't contained their coronavirus outbreaks, a new study finds] (翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

Aria Bendix

【関連記事】