Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アーロン「90年代の台湾思い出した」日台共同制作ドラマ『路』に出演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

 波瑠が主演する、土曜ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』(NHK総合、土曜21時)が好評だ。吉田修一による小説『路(ルウ)』を、NHKと台湾の公共放送局であるPTSの共同制作でドラマ化したもので、台湾新幹線の建設を軸に、美しい台湾の景色や活気ある街角を背景に、日本と台湾の人々の心の交流を描く。 「純粋な90年代はすべてに希望と活力があふれる時代でした」  初回放送(16日)では、波瑠演じる商社に勤務する春香が、台湾新幹線のプロジェクトの一員として台湾にわたって日々奮闘。また8年前に運命的な出会いしてから、ずっと探し続けていたエリックとついに再会を果たした。  エリックを演じるのは炎亞綸(アーロン)。8年前、エリックは、一人で台湾を訪れていた春香をひょんなことから案内することになる。 「撮影の時、僕は90年代の台湾をずっと思い出していました。 印象に残っているシーンは、やはり春香をスクーターに乗せて台北の街を案内するシーンです。僕はあまりスクーターには乗らないけど、スクーターは僕にとってとても鮮明な小さい頃からの記憶です。スタッフたちはとても真剣に当時のスクーターを探してくれたので、おかげで僕もすぐに90年代の雰囲気に入れました 」  国境を超え、切なくも温かな人間模様を描く。 「このご時世で“助け合い”を大切にできることはとても貴重だと思います。感謝の気持ちが分からない人が少なくない時代ですからね。でもこの物語の背景に感じたのは高鐵(台湾高速鉄道 )のために、そして地震の時に助け合う気持ちと心はとても切実で強いということです。地震は良い思い出ではないけど、その後の助け合う気持ちは、今になっても日本と台湾の仲を刻み続けていると思います 」  春香が台湾にわたる一方で、エリックは日本へ。アーロンも日本で撮影した。 「僕は日本が大好きで、毎年1、2 回は行きますので、特別な感じではありませんでした。もう一つの大好きな家に帰った気分でうれしかったです。 面白いと思ったのは、撮影は日本と台湾で行われたので、日本のスタッフも台湾に行き、台湾のスタッフ も日本の現場に来たということです。現場でスタッフたちがお互いの言葉で簡単な会話をするのをよく見 かけました。例えば台湾スタッフが日本語でほしいものを伝える、そして日本スタッフは中国語で答える。そのやりとりが可愛いなと思いました」  23日放送の第2話では、春香はエリックと再会を果たしたことで、エリックへの断ち切れない思いと婚約者への罪悪感のなかで大きく揺れ動く。一方、新幹線プロジェクトは、技術面での折衝が難航し、スケジュールに遅れが出て……。   「台湾と日本の間の絆を深く、鮮やかに描いた物語だと思います」と、アーロン。「純粋な90年代、テクノロジーの急速な発展は始まったばかりでしたが、すべてに希望と活力があふれる時代でした。恋愛ももちろんです。当時の恋愛は現代よりもっとストーリー性があったと思います。僕たちが出演した『路~台湾エクスプレス~』を気に入っていただければ、応援していただければうれしいです」  ほか出演に、台湾での春香の先輩に井浦新、春香の上司に寺脇康文、台湾生まれの老人に高橋長英。台湾キャストに邵雨薇、林美秀、許光漢ら。

【関連記事】