Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修者が語る、アイヌの物語のとてつもない魅力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第1回は、「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修者・千葉大学文学部教授の中川裕氏の序文を特別公開します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 近年、アイヌ民族についての話題が、テレビや雑誌、インターネットなどのメディアで頻繁に取り上げられるようになってきた。それに加えてアイヌ関連の刊行物も非常に増えてきている。2018~2019年に出版されたアイヌ文化・歴史関係の入門・概説書的なものだけを数えても10冊以上にのぼる。 これはかつてなかった状況であり、これまでアイヌという人々の存在をあまり意識していなかった人たちが、彼らに関心を持つようになってきたことを、出版界のほうで敏感に感じ取った結果だと考えることができる。 その流れを作り出すひとつのきっかけとなっているのは、集英社『週刊ヤングジャンプ』誌で2014年から連載が始まり、2018年にはアニメ化もされ、同誌の看板漫画のひとつとなっている、野田サトル氏の漫画「ゴールデンカムイ」だろう。 この漫画は、20世紀初頭の北海道やサハリンを舞台に、隠された金塊の争奪戦を中心とした冒険活劇物で、アイヌを描くことが中心的な内容ではないのだが、ヒロインのアシリパを筆頭に、何人もの魅力的なアイヌのキャラクターが活躍し、アイヌの伝統的な世界観や生活を緻密な画風で生き生きと描き出している。 この漫画の影響で、直接作品には登場していない北海道平取町の二風谷や、白老町といったアイヌ文化関連施設のあるところにも、いわゆる「聖地巡礼」で訪れる人が増えているそうだ。 そうした時代の動きを反映して、長いこと絶版や品切れになっていたアイヌ関連の名著が、再版あるいは出版社を変えての刊行という形で、再び多くの読者の目に触れるものとなるという、喜ばしい現象が起こっている。本書もそのひとつである。

【関連記事】