Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オデッセイがマイナーチェンジ!ライバルのアルファードの牙城に迫れるか!?【みんなの声を聞いてみた】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

ミニバンといえば車高が高いのが当たり前の中、あえて車高を抑えたロールーフミニバンという独特の存在感を発揮し、そのスポーティなデザインが人気の「ホンダ オデッセイ」。そんなオデッセイも近年はライバルの勢いにやや影の薄い存在に…。しかしホンダはあきらめていなかった! デビューから間もなく丸7年を経過する現行型5代目オデッセイを今秋マイナーチェンジさせ、再生させるとアナウンスしました。絶対王者、トヨタ アルファードを追撃する秘策とは? 果たして、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者の方などはどう感じているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます! ■アルファードに負けるな! 新型オデッセイの変身ぶりを写真でもっと見てみる(67枚)

▼前回のみんなの声「新型フェアレディZ編」は関連記事をチェック

デビューから7年経過した5代目オデッセイがマイナーチェンジ

1994年に登場したホンダの初代オデッセイは、デビュー早々大ヒット。日本でまだ馴染みが浅かったミニバンというカテゴリーを広く普及させるとともに、当時深刻化していた同社の経営危機をも救う立役者となりました。 その後もオデッセイは何世代にも渡りホンダを代表するモデルを担っています。 5代目となる現行型オデッセイは、2013年にデビュー。かなり息の長いモデルですが、これまで2016年にはハイブリッドモデルの追加、2017年のマイナーチェンジではフェイスリフトやHonda SENSINGの強化などを行うなど、地道な改良を続けています。 そして今回、2020年秋のマイナーチェンジが公式にアナウンスされました。 現在展開されているティザーサイトでは、大きく改良を施したフロントマスクや大画面10インチナビや大径2眼メーターが新採用され、レイアウトを大きく変えたインパネ、日本初採用となるジェスチャーコントロール・パワースライドドアの情報を公開中。今後も、正式発売に向けさらにマイナーチェンジ情報を追加していくとしています。

ライバルとの差をどこまで埋められるか?

現行型オデッセイは、それまでのロールーフミニバンから一変。従来あった「エリシオン」を統合し、上級クラスの立派なLクラスミニバンとして生まれ変わりました。ライバルは、このクラスで圧倒的シャアを誇るトヨタ アルファード/ヴェルファイア。 2020年上半期の売り上げ台数(一般社団法人日本自動車販売協会連合会調べ)では、トヨタ アルファードが36,597台(総合10位)に対して、オデッセイは4,880台(総合45位)と、かなりの差が開いています。 現在、世界的に拡大し過ぎた車種ラインナップの大幅な整理を行っているホンダ。このタイミングでここまで大規模な改良を実施するのは、起死回生を狙った“本気モード”と見ることができるのではないでしょうか?

【関連記事】

最終更新:
MOTA