Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ボクシング】タイソンvsジョーンズ戦が11.28に延期、理由は視聴率

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 9月12日(現地時間)に米・カリフォルニア州カーソンにて予定されていたボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(54=アメリカ)vsボクシング元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・Jr(51=アメリカ)とのエキシビションマッチ(8回戦)が11月28日(現地時間)に延期となった。 【フォト】タイソンが復帰へ向け気合の入った表情でサンドバッグを打つ  タイソンがSNSで本日12日早朝に「November 28th on PPV(11月28日PPVにて)」と両者の対戦キービジュアルとともに投稿。主催の短編動画アプリの「タイラー(TRILLER)」社も同日への延期を発表した。  延期理由のひとつとしては、タイソン側は11月第4木曜日、アメリカの祝日「感謝祭」(今年は11月26日・木)のある週末に試合を延期することで収益を最大限にできると考えているという。感謝祭は店舗も休みか早く閉まり、自宅で過ごす家族が多く、さらに木曜から日曜まで4連休とする会社も多い。通常なら海外旅行に行く者も、このご時世では海外旅行も行きづらいだろう。その時期を狙った日程調整だ。  しかし、ESPNの見方では国際的なテレビ契約を確保するための必要な時間の一つであると主張している。いずれにせよ、より多くの人に見てもらうため、多くの収益を稼ぐために行われたということだ。  日本ではこの試合をWOWOWで生中継されることが決定していたが、11月に延期となり放送はどうなるか、今のところ未発表だ。  タイラー(TRILLER)社のプレスリリースでタイソンは「日付を11月28日に変更することで、より多くの人にボクシング史上最大のカムバックを見る機会を与えることができる」とコメント。対するロイ・ジョーンズも「準備はできている。11月28日は壮大なものになるぞ!」と意気込んでいる。  タイソンの現役時の戦績は50勝(44KO)6敗2無効試合。  18年2月に引退したジョーンズ・Jrは66勝(47KO)9敗。伝説の2人による「(合計)105歳対決」は世界中の注目の的となっている。  なお、タイソンは先月のESPNのインタビューで復帰エキシビションマッチのファイトマネーの全額を寄付に回すと語っている。

【関連記事】