Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンディ・ウォーホル、ゴッホ、ソフィ・カルetc.、海外アートギャラリーの注目展示をおうちで巡ろう!

配信

VOGUE JAPAN

長引くコロナ禍での展覧会の休止や中止を受け、より多くの人に観てほしいと、世界のアートギャラリーや美術館でもオンラインで楽しめる動画や3Dコンテンツなどを数多く公開している。国内編に引き続き、オランダのファン・ゴッホ美術館や ロンドンのテートモダン、パリのペロタンギャラリーなど、世界の注目アート展へヴァーチャルツアーに出かけよう!

ゴッホ美術館(オランダ):多様な切り口から知る鬼才ゴッホの世界。

6月1日まで休館中のオランダのファン・ゴッホ美術館では、20世紀を代表する画家ヴィンセント・ファン・ゴッホについて楽しく学べるオンラインコンテンツが目白押しだ。 小・中学生向けに用意されたゴッホの作品からインスピレーションを得て絵画を描くための動画レッスンや、ゴッホの思想を深掘りするための手紙解読講座、自ら耳を切った理由など研究者が彼のバックグラウンドを解説するビデオ講座など、誰もが知っているゴッホの生涯やその作品の興味深い一面を知ることができる。 特に注目したいのが無料で公開されているゴッホ作品の塗り絵だ。代表作である『ひまわり』や『グレーのフェルト帽をかぶった自画像』『アルルの寝室』をはじめ全13種類の作品がラインナップ。もしも配色に困ったら、同ホームページ内にある4Kの超高解像度画像でじっくりと作品を見澄ましてみて。今まで気がつかなかった色彩の発見があるかもしれない。 さらに、Nintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森」とのコラボ企画も実施。気になる作品を見つけたら、作品右下の葉っぱマークをクリック。QRコードをスキャンして、ゴッホの名画をあなたの島に飾ってみよう!

テートモダン(イギリス): ポップアートの巨匠、アンディー・ウォーホルの20年ぶりの回顧展。

20世紀のポップアート運動の旗手アンディー・ウォーホルの回顧展が20年ぶりにロンドンのテートモダンで開催中だ。 ギャラリーの一時休館を受けて、再開した現在もオンラインでその内容を見ることができる。特設ページにはテートモダンの凄腕キュレーター2名による7分に渡る回顧展のビデオツアーや、12の部屋で構成された展覧会の各セクションの詳しい解説、さらにはポッドキャストに至るまで厚みのある内容となっている。 各解説やビデオにはマリリン・モンローやコカ・コーラの瓶、キャンベルのスープ缶モチーフの象徴絵画の他、ドラァッグクイーンやトランスウーマンの肖像画シリーズなど、お馴染みの作品が多数。ウォーホルのアイデンティティや一貫したテーマにフォーカスを当て、いかにして彼が20世紀ポップアートを形作ったかを知ることができる構成となっている。 外出自粛中の今だからこそ、オンラインでアンディ・ウォーホルについてじっくりと学び、いつか本物を生で見る日に備えておくのはどうだろう?

【関連記事】