Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐野勇斗らEBiDAN勢ぞろいの『FAKE MOTION―』関連ワードがトレンド入りの快調スタート!

配信

ザテレビジョン

佐野勇斗をはじめ若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」のメンバーが出演する連続ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」(日本テレビ)の第1話が4月8日に放送された。卓球界からも期待の声が上がっていた同作、初回放送中には深夜帯にもかかわらず「FAKEMOTION」「卓球の王将」などの関連ワードが Twitter でトレンド入りする盛り上がりを見せた。 【写真を見る】迫力の卓球シーンも話題! ■ 迫力の卓球シーンに視聴者興奮! 新たな総合エンターテインメントプロジェクトとして始動した本作は、卓球をテーマにしたスポーツ青春ドラマ。空前の卓球ブームに沸く20XX年の東京を舞台に、学校のランクも勉強や喧嘩の強さではなく卓球の勝敗で決まるという卓球戦国時代を生き抜く高校生たちの青春を描く。 放送前からEBiDANファンのみなならず卓球の張本智和選手、吉村真晴選手、Tリーグチェアマンの松下氏らがSNSでドラマに対する期待の声を発信するなど、卓球業界からも注目が集まっていた。 初回では、高杉律(佐野)が起こした暴力事件のせいで恵比寿長門学園高校卓球部が半年間の試合出場停止処分に。そんな中、部長の松陰久志(北村匠海)は律の持つ卓球の才能に気づき、卓球部にスカウトするが、卓球部のエース・桂光太郎(古川毅)は暴力事件を起こした律の入部に反対する、という展開が描かれた。 卓球シーンではCGを駆使した迫力の演出。その中で才能を発揮する律役・佐野に視聴者からは「佐野くんカッコいい!!卓球うまい!!」「開始5秒で佐野くんの魅力全開」「これはヤバい!佐野勇斗のかっこよさに目覚めてしまった」といった絶賛の声が続出。Twitterでは、「FAKEMOTION」「卓球の王将」といった関連ワードがトレンド入りを果たした。 卓球の天才・律を演じる佐野は、2017年の映画「ミックス。」で卓球マニアの高校生・優馬を熱演。当時、卓球経験は学校の授業程度だったが、ガチで卓球大会出場を目指すWEB企画「佐野クエスト」で猛特訓を重ねた経験を持つ。 昨年は2本の映画で主演を務め、第28回日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞。また、興行収入22憶円を突破した映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」ではメイン出演し、舞台「里見八犬伝」では主演を務めるなど、充実した2019年を過ごした佐野。2020年は今作のほか、主演するAbomaTV連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」が好評のうちに最終回を迎えたばかりだ。 「FAKE MOTION―」では、やがてエビ高卓球部の主要メンバーとして、全国優勝を目指して奮闘する。 ■ 「FAKE MOTION-」気になる第2話あらすじは? 第2話は4月15日に放送する。 卓球部への入部を決意した律。だが、光太郎は相変わらず律の入部に反対していた。そんな2人に、松陰は律の入部をかけたダブルスの試合を提案する。 副部長の日下丈道(橘柊生)とペアを組む律は、井上紋太(田中洸希)と伊東俊介(吉澤要人)とともに練習に励む。楽しそうに部員たちと練習する律を、複雑な思いで見つめる光太郎。そんな中、半年前に律が起こした暴行事件の真相が明らかになる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】