Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木村一基王位、藤井聡太七段に無念の逆転負け「常にプレッシャーをかけられていた」/将棋・王位戦七番勝負

配信

ABEMA TIMES

 将棋の王位戦七番勝負第2局が7月13、14日、北海道札幌市「ホテルエミシア札幌」で行われ、現タイトル保持者の木村一基王位(47)が挑戦者の藤井聡太七段(17)に手痛い逆転負けを喫した。 【動画】藤井七段、大逆転の一手  木村王位は第1局を落とし、挽回を狙った第2局では先手番から得意の相掛かりを採用。持ち時間各8時間の長時間対局を活かし、じっくりとした進行で指し進めると序盤、中盤、終盤と進むにつれて、ペースを握ったかに見えた。  ところが優勢のまま突入した最終盤、持ち時間も残りわずかとなったところで、藤井七段から勝負手を連発されると形勢は逆転。その後は一気に寄せられ、再逆転はならなかった。  対局後、取材に応じた木村王位は「流れはいいかと思っていたんですが、常にプレッシャーをかけられていました。ちょっと明快さに欠けたので、どうでしたかね…」とコメント。「ちょっと寄せ損ねてますね。最後、何か逃しているのか、逆転しているのか、ちょっとわからなかったです。チャンスはあったと思いますけど」と、無念さを滲ませていた。  昨期、46歳3カ月という史上最年長での初タイトルを獲得した木村王位。「百折不撓」の精神がモットーだけに、連敗スタートからの反撃も十分に可能だけに、ここからのベテラン棋士の反撃にも注目が集まる。  第3局は8月4、5日、神戸市の有馬温泉・中の坊瑞苑で行われる。

【関連記事】