Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

80年代にポップ化した、プログレ出身アーティストの名曲10選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

プログレからポップ路線へ。フィル・コリンズ、ピーター・ガブリエル、ラッシュなど、音楽性を一新してMTV全盛期の80年代にヒットした事例を振り返る。 【写真&プレイリスト】80年代にポップ化した、プログレ出身アーティストの名曲10選 80年代の幕開けと共に、70年代に活躍したジェネシス、イエス、ラッシュなどのプログレ・バンドは恐竜の如く消えゆくと思われていた。それというのも、時代はMTVとニューウェイヴ真っ盛り。しかし、プログレ・バンドは絶滅した恐竜にはならなかった。彼らがトレードマークだった長髪を切り落とし、楽曲の尺を20分から普通の長さにカットした途端、どうしたわけかプログレをやっていた頃よりも人気が出てしまったのである。また、短命のスーパーグループにも喜んで参加し、トップ40にチャートインし、マドンナやマイケル・ジャクソンなど飛ぶ鳥を落とす勢いの若手アーティストたちと肩を並べてしのぎを削ったのだ。そんな驚きのヒット曲の中でも、ベストと思われる10曲を厳選してお届けしよう。 ジェネシス「トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト」 ジェネシスが1986年にリリースしたアルバム『インヴィジブル・タッチ』は全世界で大ヒットし、同アルバムから5曲のヒット・シングルに恵まれた彼らは、スタジアム級の人気バンドへと変貌を遂げた。しかし、アルバムに収録された9分間のこの曲では、絶望的な依存について歌っている(ラジオ放送用に4分半の短縮版が作られた)。ビール・メーカーのミケロブがこの年のCM曲としてこれを採用したのだが、彼らはこの曲の本当のメッセージを理解していなかったようだ。 ラッシュ「The Spirit of Radio」 ラッシュは70年代にリリースしたアルバム『西暦2112年』や『神々の戦い』でプログレという音楽を限界にまで発展させた。そして、80年代の彼らはこの楽曲で自らの音楽を改革し、主流ラジオ局の酷さを嘆き悲しんだのである。ところがラジオ局がこの曲を受け入れるという奇妙な現象が起き、ラッシュの音楽がポップス・ファンという新たなオーディエンスにお披露目されることになった。 イエス「ロンリー・ハート」 南アフリカ人ギタリストのトレヴァー・ラビンが「ロンリー・ハート」を作ったとき、彼はまだイエスに加入する前だった。しかし、当時すでに活動停止状態だったプログレ・バンドのメンバーたち(ヴォーカルのジョン・アンダーソンも含まれる)とこの曲をレコーディングしたのである。そうやって出来上がった曲のキャッチーさは誰の目にも明らかで、アトランティック・レコードはマーケット戦略の一環として「イエス」というバンド名を復活させることにした。チャートの1位に急上昇し、終わりなきイエス物語に新たな章を記すきっかけとなったのがこの曲である。 エイジア「ヒート・オブ・ザ・モーメント」 キング・クリムゾンのジョン・ウェットン、イエスのスティーヴ・ハウ、ELPのカール・パーマー、バグルズのジェフ・ダウンズが1982年に集結して、MTV時代のプログレ・スーパーグループを結成した。グループ名はエイジア。リリースまもなく「ヒート・オブ・ザ・モーメント」がチャート4位に駆け上がり、アメリカで最もホットな新バンドとなった。

【関連記事】