Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジェニファー・ロペス、今夏の挙式予定を延期したことについて「胸が張り裂ける思い」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ジェニファー・ロペスが、心待ちにしていた婚約者アレックス・ロドリゲスとのサマーウエディングを延期したことについて率直に語った。『Today』のインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミックにより、予定していた結婚式を延期すると決めるのはとても辛いことだったとコメント。ロペスとロドリゲスは、今夏、イタリアで豪華な結婚式を挙げる予定になっていた。 【写真】驚異の50歳! ジェニファー・ロペスから盗むべき39の健康習慣

「今はノープランよ。とにかく、どうなるか様子を見るしかない状況で、ある意味ガッカリよね。スーパーボウルが終わり、TVの『ワールド・オブ・ダンス』や映画の撮影が終わったタイミングで休みを取る予定だった。それを今やっているみたいなものだけれど、この夏と今年はいろいろとプランをたてていたのに。すべて今はホールド状態ね」と、ロペス。 結婚式延期に「胸が張り裂ける思い」だったとはいえ、将来、タイミングと場所が揃えば、夢に見た結婚式ができると彼女は確信し続けている。 「すばらしいプランを立てていたから、ちょっとハートブレイク状態だったわ。でも同時に私は、神様にはもっと大きなプランがあると信じているの。だから様子を見るわ。きっと、さらにいいものになるかもしれない。そうなると信じなきゃね」と付け加えていた。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】