Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キュウソネコカミ、BiSH、BLUE ENCOUNTのコメントを加えた「METROCK ZERO 2019 完全版」オンエア

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

2019年12月、2年ぶりに開催された「METROCK ZERO 2019」。その模様にキュウソネコカミ、BiSH、BLUE ENCOUNTのオリジナルコメントを加えた完全版が7月5日(日)、CSテレ朝チャンネル1で5時間にわたってオンエアされることが決定した。 【写真を見る】BLUE ENCOUNT・田邊駿一は「ほとばしる“ロック”を映像でも楽しんでください」とメッセージを送る 「どんな人気バンドにも無名時代があり、最初は小さなライブハウスからスタートする」、そんな原点(ZERO)を大切にしたいという趣旨の元、毎年5月に開催される野外ロックフェス「METROCK」の番外編として2015年に誕生した「METROCK ZERO」。 「METROCK ZERO 2019」は、3回目の2017年から約2年間の充電を経て、満を持しての復活となった。 今回の放送では、前回放送の10アーティストの未放送楽曲に加え、キュウソネコカミ、BiSH、BLUE ENCOUNTのオリジナルコメントも紹介。そして、完全版の放送に当たりアーティストからコメントが届いた。 ■ キュウソネコカミコメント ヨコタ シンノスケ(Key/Vo):実は、僕がこの対バンのライブ中に、「感覚ピエロ、BiSH は絶対メトロックにも出るのでよろしく」と言ったことで、出演を確定させました! そのときは決まっていなかったんですけれど、僕のこの発言により決定しました(笑)。 ヤマサキ セイヤ(Vo/Gt):キーボードボーカル界で“お客さんが1番喜ぶワードをいう1位”やな! また、このメンバーと共演する日も楽しみだし、皆さんはぜひこのメトロックゼロもテレビにてお楽しみいただければと思います! ■ BiSHコメント メトロックは出演を目指していたフェスなので、メトロックゼロへの出演も、メンバー全員気合が入っていました。 メトロックは残念ながら今のところ開催延期という状況ではありますが、引き続き変わらずBiSHは頑張っていこうと思っているので、皆さんもぜひお家でも楽しんでください。 ■ BLUE ENCOUNT・田邊駿一(Vo. Gt.)コメント ライブの前は、対バン相手であるハンブレッダーズ、FOMAREは若くて勢いがあるし、僕らと年齢差もあるので、どんな感じかな?、カルチャーショックとかあるのかな?とか、いろいろ考えていたんですけれど……。 ロック大好きなやつらに年齢関係なし! 考えていることは一緒ですね。ぜひ、ほとばしる“ロック”を映像でも楽しんでください。 今は、ステイホーム、ステイセーフの気持ちを大切に、みんなでこの状況に打ち勝って、またライブ会場でお会いできるのも楽しみにしています。(ザテレビジョン)

【関連記事】