Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武、横浜で活躍した土肥義弘氏(春日部共栄出身)が解説する、スタートを切らせない牽制のコツ

配信

高校野球ドットコム

 高校時代は春日部共栄の9年ぶりの夏の甲子園出場に貢献。それからプリンスホテルと渡り歩き、1997年のドラフトで西武ライオンズから4位指名を受けてプロ入りした土肥義弘さん。西武と横浜ベイスターズで合わせて13年間プレーし、31勝を積み重ねる。2010年のオフに海外FAでメジャーに挑み、2015年からは古巣・西武の1軍投手コーチを務めて、菊池 雄星らを育てた土肥さんが過去に解説したケガをしにくいフォームについて再び紹介します。 【動画】土肥義弘氏による、スタートを切らせない牽制のコツ  今回は牽制について解説していきます。  まず心がけてほしいのが、牽制をする前にバッターを疎かにしないことが第一条件です。あとは、牽制をするときに焦ってしまい、悪送球になってしまうのが一番良くないので、注意をしましょう。  右投手は、 ・プレートを外して投げる ・ターンをして投げる の2つになります。  その中でも、特にターンをして投げる牽制を練習しましょう。この時、ターンの速さが非常に重要なので、繰り返しターンの速さに注目して練習をしていきましょう。  そして左投手は、 ・脚を大きく上げて投げる ・クイックに似た状態で投げる ・プレートを外してそのまま投げる の3つになります。  特にクイックや、プレートを外す際は、スナップスローが使えないと、コントロールが乱れたり、ランナーにもすぐ気づかれてしまいます。ですので、その辺りに注意をして練習をしてください。  また牽制は投げるだけではなく、スタートを切らせないために長くボールを持ったり、ランナーを目で殺したり。そ個までが牽制ですので、そういったテクニックも使ってみましょう。

【関連記事】