Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

消防長をセクハラで懲戒処分/埼玉県

配信

テレ玉

所沢、狭山など5市でつくる埼玉西部消防組合のトップである消防長の男性が女性職員にセクハラ行為をしたとして、戒告の懲戒処分を受けていたことが分かりました。 懲戒処分を受けたのは、埼玉西部消防組合の森田浩之消防長(59)です。組合によりますと、6月18日に組合管理者の所沢市長にセクハラ被害の訴えがあったことから、当事者らに事情を聴き、7月2日に戒告処分にしました。 森田消防長は31日付けで依願退職しています。埼玉西部消防組合は「再発防止に努め市民から信頼を回復できるように職務に全うする」とコメントしています。

テレ玉