Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

駅で乗客の体温を測定、ホテルや海水浴場でも検温する「下田モデル」可決 静岡・下田市

配信

静岡朝日テレビ

 静岡県下田市では、市独自の新型コロナウイルス対策「下田モデル」を盛り込んだ補正予算案が、きょう可決されました。  下田市では、海水浴場のオープンを前に、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのガイドラインを策定。伊豆急下田駅では、サーモグラフィーカメラを設置し、すべての乗客の体温を測定します。またホテルや海水浴場での検温も実施し、電車や車など様々な手段で市内の海水浴場を訪れる観光客の体調を確認することで感染拡大防止に努めるとしています。