Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フィッシャーズ、ネット動画のアカデミー賞を受賞。日本人YouTuberは初

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

YouTuber「フィッシャーズ」が12月14日(日本時間)、ネット上の動画界で世界的に権威のある「Streamy Awards」(ストリーミー賞)を受賞した。

「Streamy Awards」は、YouTubeやFacebookなど、その年のインターネット動画において、数多くの視聴者に支持された動画や制作者に贈られる賞。 毎年、チャンネル登録者数が2000万人から3000万人クラスの世界的なYouTubeのスターたちが集結することから、海外メディアからは「Web動画のアカデミー賞」とも評されている。 第9回目となる今年は、現地時間13日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで開催。新たに3つの国際カテゴリーが新設され、フィッシャーズは、アジア太平洋部門で受賞を果たした。 【吉田雄弥 / BuzzFeed Japan】

授賞式で、リーダーのシルクロードさんは「非常に嬉しく思います」と力強くコメント。視聴者に感謝の気持ちを語った。

「ありがとうございます。世界中で10億時間も視聴されているYouTubeの中で自分たちの動画が数多く見られていることを非常に嬉しく思います。Thank you so much!」 「世界中のクリエイターの皆さんと一緒にYouTubeを盛り上げられたらうれしいなと思っています。Thank you. Japanese says “arigato“ !」

フィッシャーズの2019年におけるYouTubeの総再生回数は19億回。今年最も視聴されたクリエイターとして世界9位にランクインしている。

2010年に結成してから9年。今やチャンネル登録者数は587万人を越え、今年9月に達成した鬼ごっこのギネス世界記録に続き、世界的な快挙を成し遂げた。 なお、「Streamy Awards」の様子はYouTubeで視聴できる。

吉田雄弥

【関連記事】