Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国内線、10月めど運航正常化 満席懸念なら増便も 日航

配信

時事通信

 日本航空は1日、新型コロナウイルスの影響から減便している国内線について、10月をめどに本来の運航計画の水準まで回復するとの見通しを明らかにした。新型コロナ前の計画比で7月の前半は53%、後半に66%を運航し、8月には8割程度まで戻る。  本田俊介執行役員は、都道府県をまたぐ移動が解禁された6月19日以降、「需要が伸び始めている」と指摘。感染リスクを懸念する乗客に配慮し、満席になりそうな場合は、大型運航機材への変更や増便により、できるだけ満席を避ける方針も示した。 

【関連記事】