Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「スポーツ1つに絞る選択はしたくない」 異色の国立大卒ランナー・鈴木亜由子の選択

配信

THE ANSWER

女子長距離界では異例の公立一筋、スポーツ一本槍にせず「選択肢を広げたい」

 昨年9月に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で2位となり、東京オリンピックのマラソン女子日本代表に内定した鈴木亜由子(日本郵政グループ)。5000メートルや1万メートルなど長距離トラックを主戦場としていたが、2018年に26歳でマラソンに転向した。人生初マラソンの同年北海道マラソンで優勝し、人生2度目のマラソンだったMGCで五輪代表権を獲得。2021年に迎えるは、東京オリンピックの大舞台になる。 【画像】MGCの表彰式でキラリ! 文武両道を選んだ鈴木亜由子、2位で東京五輪出場権を獲得した直後の実際のシーン  男子長距離選手の場合、その多くが大学へ進学し、箱根駅伝などでレベルアップを図り、実業団チームに入る。一方、女子長距離選手は高校卒業後に実業団へ進み、競技に専念するケースが主流だ。昨年のMGCに出場した女子10選手のうち9人が高校→実業団のコース。大卒ランナーは、名古屋大卒の鈴木だけだった。  愛知県豊橋市に生まれ育った鈴木は、中学2、3年生の時に全日本中学校陸上競技選手権大会の1500メートルで全国2連覇を飾っている。だが、選んだのは県内屈指の進学校として知られる県立時習館高等学校。そして、大学も陸上強豪校ではなく、地元・愛知の国立大学、名古屋大学経済学部に進んだ。いずれも懸命な受験勉強の末に入試に合格。文字通り、文武両道を極めた人物でもある。  長距離で全国大会に出場する実力を持つだけに、高校でも大学でも陸上に専念できる環境を選ぶこともできただろう。だが、鈴木は「スポーツ1つに絞る選択はしたくなかったですし、まだ先にどういう可能性があるか分からなかったので、選択肢を広げたかった。自分の視野を広げて学ぶことも大事だと思います」と、自分が持つさらなる可能性を探る道に乗りだした。

文武両道のコツとは…「時間を上手く使うこと、上手く切り替えをする」

 それでは実際に、鈴木はどうやって陸上の練習と学業を両立させていたのだろうか。そのコツを聞くと「特別なことをやった覚えはなくてですね……」と首を傾げながら笑ったが、「時間を上手く使うこと、上手く切り替えをするっていうことですかね」と続けた。 「私はやるべきことは先にやって、好きなことは後で楽しむタイプ。やるべきことをやり終えると『今日もできたな!』って少しずつ快感になってくるんです(笑)」  陸上の練習で疲れが溜まることもあったが、授業中は「あまり寝なかったと思います」。それというのも「何かやっていないと気が済まない性格もあると思います」と明かす。 「何かと何かの間にできた隙間時間とかを、絶対に無駄にしたくないタイプなんですよ。時間のマネージメントが上手いというより、性格でしょうね。勉強の合間でも、陸上の練習の合間でも、ちょっとマッサージをしたりストレッチをしたり、時間があったら何かしらやってましたね」  中高生の頃に“後の楽しみ”としていたのは、テレビドラマを見ることだった。当時よく見ていたのは「花より男子」や「流星の絆」。「特に好きな俳優さんはいなかったんですけど」と言うが、各クールが始まる時に「今回はこれを見よう」と厳選し、勉強や部活への活力と息抜きにしていたそうだ。 「やらなければいけないことを後回しにしないことが大事。そうすれば、自分のやりたいことを心から楽しめますから」

【関連記事】