Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミニクーパーに日本初導入のレッドカラーを身にまとった限定車「ローズウッドエディション」登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

ブラックのアクセントカラーがオシャレ

 ビー・エム・ダブリューは、人気のハッチバックモデル「ミニ・クーパー」の5ドアモデルをベースに仕立てた限定車「ローズウッド・エディション」を発売した200台限定で、メーカー希望小売価格(税込み)は399万円。 【写真】オシャレなインテリアパネルなど画像ギャラリー  今回の限定モデルは、大胆に、斬新に、情熱的に、自分らしく人生を彩る人に向けた1台。ミニの5ドアモデルとしては、日本市場に初導入となるボディカラー「インディアン・サマー・レッド・メタリック」を採用。上品な色合いのボディには、ブラックカラーのルーフ、ミラーキャップ、ホイールがアクセントとしてプラス。派手すぎない、大人な雰囲気に仕立てられている。  インテリアは、クロス製のブラックパール、レザレット製のカーボンブラックが相まって、落ち着いた上品な装いになっている。もちろん、安全装備も抜かりはない。前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、LEDヘッドライト&フロントフォグランプなどを装備している。

WEB CARTOP

【関連記事】