Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エア・カナダ、日本2路線6月再開へ 成田-バンクーバー週4往復、羽田-トロント3往復

配信

Aviation Wire

 エア・カナダ(ACA/AC)は、運休中の日本路線の一部を6月に再開する。中国から拡散した新型コロナウイルスの影響による運休で、およそ2カ月ぶりの再開となる。  同社の日本路線は5路線で、6月に再開するのは通年運航のバンクーバー-成田線と、トロント-羽田線の2路線。バンクーバー-成田線は、現地時間6月1日から月曜と水曜、金曜、日曜の週4往復、トロント-羽田線は2日から火曜と木曜、土曜の週3往復で再開する。日本発はそれぞれ翌日となる。  7月からは2路線とも増便する。バンクーバー-成田線は1日の現地発から1日1往復のデイリーに、トロント-羽田線は日曜の現地発を増やし、週4往復の運航となる。通年運航のモントリオール-成田線は7月31日まで運休し、8月からの再開を検討する。  新型コロナの影響により、同社の日本路線はいずれも運休。モントリオール-成田線は3月28日から、トロント-羽田線は翌29日から、バンクーバー-成田線は4月9日から、それぞれ運航を取りやめた。夏期のみの季節運航となるカルガリー-成田線とバンクーバー-関西線の2路線は、今年の夏ダイヤ期間は運休し、2021年夏ダイヤでの再開を目指す。

Yusuke KOHASE

【関連記事】