Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

遅きに失した…韓国はいかにして少子化の罠にはまったのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハンギョレ新聞

歴代政権の少子化対策が与えてくれる教訓は明白だ。問題認識が遅れれば政策対応が遅れ、対応が遅れれば今日の一針明日の十針になるということだ。政府と知識社会が見逃している政策課題がないか、随時するどく目を光らせておくべき理由はここにある。問題意識が貧弱であれば、政策対応も見るべきものにはなり得ないということも忘れてはならない。

【関連記事】