Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTokからインフルエンサー流出?次に来る米国発の音楽動画シェアアプリ「Triller」は大人向けブランドで差別化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

このところ国内外で話題になる頻度が増えている中国アプリTikTok。同アプリ最大市場インドでは利用禁止となり、米国では安全保障上のリスクを抱えるアプリとして認定されるなど話題には事欠かない。 そんなTikTokを尻目に、次に来る音楽動画シェアアプリとして関心を集め、人気が急上昇しているアプリが存在する。米国発の「Triller」だ。 グラミー賞受賞経験を持つ米国の人気ラッパー、リル・ウェイン氏や著名ヒップホップシンガーのスヌープ・ドッグ氏などから支援を受けた本格的音楽動画シェアアプリとして、ソーシャルメディア・インフルエンサー/ユーザーの間で人気が急騰している。トランプ大統領もこのほど、Trillerにアカウントを開設したことで話題となった。 またTikTokを離れTrillerへ鞍替えするインフルエンサーも出始めており、次のトレンド発信の場として地盤を固めている。 Trillerとはどのようなアプリなのか、英語圏のメディアではどう報じられているのか、その最新情報をまとめてみたい。

トランプ大統領もアカウント開設した「Triller」

Trillerがローンチされたのは2015年7月。当初は短編音楽動画アプリとしてローンチ。ユーザーは、お気に入りの音楽を選択し、それに合わせて歌っている動画を録画/アップロードし、視聴できるシンプルな仕組みだった。2016年にソーシャル機能を追加、これにより別のユーザーをフォローできるようになった。 2019年10月、累計ダウンロード数は6000万回を突破、月間ユーザー数は1300万人に達した。最近のTikTok騒動により、ユーザー数は爆発的に伸びている。米CNBC2020年8月7日の報道によると、Trillerの累計ダウンロード数は2億5000万回を超え、月間ユーザー数は6500万人に増加したという。

8月15日には、ニューヨーク・タイムズのリポーター、テイラー・ロレンツ氏が自身のツイッターで、トランプ大統領がTrillerにアカウントを開設したとツイート。この時点で、トランプ大統領のイントロ動画は59万回再生されたと伝えている。この動画の再生回数は、本記事執筆時点の8月25日には3300万回を超えている。

【関連記事】