Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岐阜県内野党「政権へ前進」与党「変化ない」 合流新党代表に枝野氏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岐阜新聞Web

 立憲民主、国民民主両党などが結成する合流新党の代表が立民の枝野幸男代表と決まり、新党名も「立憲民主党」と決定した10日、県内の野党関係者からは「大きな固まりができて、政権奪取へ前進した」と歓迎の声が上がった。一方、与党関係者からは「どこが変わったか分かりにくい」などと疑問の声も聞かれた。  「紆余(うよ)曲折はあったが、政権政党を目指していくだけ」。立民県連合の渡辺嘉山代表は語気を強めた。枝野代表に対しては「岐阜には何度も来て、明確な政策のビジョンを示す頼りがいのある人物。党を取りまとめ、政権奪取へ大きく動き出して」と期待を寄せた。支持母体の連合岐阜の高田勝之会長は「完全な形ではないが、大きな固まりができたことは一つの前進」と評価。「離合集散を繰り返さないよう、誰のための政治かを考えて汗をかいてほしい」と期待を寄せた。  合流新党や国民の玉木雄一郎代表らの新党への参加は現時点では未定の国民県連。伊藤正博代表は12日にも常任幹事会などを開いて方針を決めると明かし、「(立憲民主党とは)これまで通り国政選挙ではできる限り協力していく」と述べるにとどめた。共産党県委員会の松岡清委員長は「野党勢力を総結集し、総選挙では自民党政権を倒したい」と語った。  与党関係者からは厳しい意見も。自民党県連の村下貴夫幹事長は「あくまで他党のこと」と前置きした上で、「互いに日本のため、岐阜県のために切磋琢磨(せっさたくま)していければという思いだ」と述べた。公明党県本部の水野吉近代表は「党名も代表も今まで通り。どこが変わったか分かりにくい」とチクリ。「自公連立の内閣も新しくなる。良い政策議論ができるようになるきっかけになれば」と話した。

岐阜新聞社

【関連記事】