Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“大好き”が止まらない! 臼田あさ美と塚地武雅、大人のK-POP対談

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

女優・臼田あさ美さんに、に今の“好き”が何かを聞くとK-POPという答え。なんと、“好き”を共有する仲間だというドランクドラゴンの塚地武雅さんを迎えたスペシャル対談が実現。2人にとって、偏愛をシェアし合う友人の存在について、そして今話題のK-POPについての魅力を存分に語ってもらいました。

---NHKのコント番組『LIFE!人生に捧げるコント』で共演されていますが、2人が趣味を共有されたのはいつ頃からですか? 臼田(以下臼):最近なんですよ。塚地さんがK-POPのことをTwitterでつぶやいてると友達に教えてもらったので、調べてみたらびっくりするくらいいろいろな韓国の番組をご覧になられているのを知りました。私もサバイバル型オーディション番組を中心にたくさん観ていたので、思い切ってLINEしてみたのがきっかけですね。 塚地(以下塚):自粛期間の直前に初めてLINEをくれたので、実は面と向かってK-POPトークするのは今日が初めて(笑)。みなさんご存知の「虹プロジェクト(Nizi Project)」をはじめ、2~3ヶ月はオーディション番組の放送中にリアルタイムで感想をLINEし合っていました。僕は昔からK-POPが大好きだったんだけど、本気で話せる友達が誰もいなくて。しかも、あさ美ちゃんもびっくりするくらい詳しい。 臼:いやいや。私たちは楽しむ視点というか、感覚が似ているんですよ。テンションが上がったり、感動したり、気になるポイントがかなり近い。加えて塚地さんは私がK-POPにハマる遥か昔からいろんな番組をご覧になられているので、ちょっとしたシーンに付随する情報をたくさん教えてくれる。それが楽しくてついLINEしちゃうんです(笑)。 ---2人の中では、K-POPをどのように楽しんでいるのですか? 臼:曲、ダンスパフォーマンス、アイドル個人のルックスや人柄……K-POPの魅力はたくさんあります。それらを踏まえて、私と塚地さんが共有している楽しみ方は、K-POPの複雑に絡み合った関係と歴史を紐解いていくことです。例えば、「トゥワイス(TWICE)」を生んだ2015年のサバイバル番組「SIXTEEN」で落ちてしまったジウォンは、2017年に放送された「アイドル学校」にも出ていて。その成長した姿が感動的で、しかも勝ち残って「fromis_9」としてデビューしました。このストーリーひとつとってもアツすぎる。そういえば「アイドル学校」で落ちたナッティーが今年ソロデビューしたんですよ。そうなると当然チェックしたくなっちゃう(笑)。この流れで、「TWICE」の所属事務所であるJYPのサバイバル番組を追っていたので、「Stray Kids」も「虹プロ」も毎週手に汗握って観てました。 塚:芋づる式なんだよね(笑)。アイドル個人はもちろん、審査員にも、番組にもそれぞれ歴史があるから、その関係を追っていくと無限に広がる。そうやって自分なりの好きを極めていく人が多いはず。

【関連記事】