Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柴崎岳は「あらゆるスタイルに適応できる」。 1部復帰に必要なことは?

配信

webスポルティーバ

リーガに挑んだ日本人(13)  天才性を感じさせる日本人MF柴崎岳は、実に物語性の強いキャリアをリーガ・エスパニョーラで紡いでいる。 【画像】久保建英より20年前、アトレティコと契約した日本人少年  テネリフェ、ヘタフェに続いて、デポルティーボ・ラ・コルーニャは3チーム目。チームを渡り歩いていることはイコール、求められているということで、実力の証左だろう。リーガ2部からスタートし、1部でプレーした点は特筆に値する。しかし、2部クラブに逆戻りしたことも事実だ。 「監督にとっては、めちゃくちゃ"おいしい選手"だよ」  デポルの名将フェルナンド・バスケス監督は、柴崎についてこう語っている。 「(柴崎は)フィジカル的に堂々とし、ダイナミズムも持っている。フットボールのビジョンに優れ、あらゆるプレースタイルに適応できる。守備的ボランチ? 完璧だね。右インサイドハーフ? 左インサイドハーフ? 完璧だ」  天才・柴崎の真価とは?  2017年1月、柴崎は、クラブワールドカップでレアル・マドリードと激戦を演じた鹿島アントラーズから、リーガ2部テネリフェへ移籍している。

当初は適応に苦しんでいた様子だが、4月に入って出場時間を増やし始める。5月には完全に先発を勝ち取り、6月の昇格プレーオフでは切り札的存在になっていた。チームは1部昇格を逃したが、プレーオフ決勝で対戦し、1部に昇格したヘタフェに"個人昇格"した。  2017-18シーズン、柴崎は1部を舞台に快調なスタートを切っている。開幕以来、4試合連続先発出場。第4節では強豪バルセロナを相手にゴールを決めた。しかしこの試合で左足中足骨を骨折し、戦線離脱を余儀なくされてしまった。年末には復帰したものの、ポジションはなくなっていた。  柴崎はトップ下の位置で、相手に最大限の打撃を与えることができる。その天才性は、ゴールに近づけば近づくほどに増す。しかし、そのためには4-2-3-1のようなシステムでなければならない。  ホセ・ボルダラス監督のヘタフェは、柴崎不在の間に4-4-2を採用し、それがはまっていた。  柴崎はボランチもできるが、ボルダラス・ヘタフェはそこにファイタータイプの選手を要求し、構想から外れた。2トップはストライカーの"聖地"。サイドハーフには走力を含めたプレーインテンシティが重視され、柴崎は適応しなかった。必然的に構想外になったのである。

【関連記事】