Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ネズミやサルに感染させても症状がでない」…担当者が語る”コロナ”ワクチン開発の難しさと現状

配信

FNNプライムオンライン

猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。全世界の感染者数が1,200万人を超え、東京の1日あたりの新規感染者も200人を超える日が続いているが、都や政府は過去の感染者数とは死者・重症者といった中身が異なると説明している。これをどうとらえるべきか。その先のワクチン開発への見通しはどうか。 今回の放送では、橋本厚労副大臣、森下大阪大学大学院臨床遺伝子治療学寄付講座教授らウイルス研究・ワクチン開発それぞれの専門家を迎え、ワクチン開発を中心に第2波に向けたあるべき対策について掘り下げた。 【画像】”大阪大学”ワクチンのヒトへの治験の具体的な投与の仕方は

大阪大学チームはヒトへの治験開始

長野美郷キャスター: ワクチン開発の現状について。承認前の臨床試験(治験)には3つの段階があるが、国内ワクチン開発の進捗状況は。 橋本岳 厚生労働副大臣: 1~2月の段階では「ワクチンなんていつできるのだろう」という話をしていたが、7月の現在では具体的な話になっておりありがたい。安全で有効なワクチンを期待したい。 反町理キャスター: 森下さんの携わるDNAワクチン治験状況について。低用量群と高用量群に分けて投与しているが、この違いは? 森下竜一 大阪大学大学院 寄付講座教授: DNAワクチンの投与量で効果が違う。低用量で効果が大きければ多くの方に投与できるが、効果が小さければ高用量にして様子を見る。また、2週間ではなく4週間間隔での投与についても見ていこうと。ひとまず第1ステージをクリアしたところ。 反町理キャスター: 動物実験をクリアし、人間に対しての治験に? 森下竜一 大阪大学大学院 寄付講座教授: もちろん。対象とする動物含めガイドラインが決まっている。日本のワクチンではネズミが対象だが、安全性を重視し追加でサルなどにも行っている。 反町理キャスター: 動物に対しても低用量と高用量に分けて行う? 森下竜一 大阪大学大学院 寄付講座教授: 行いましたが、打つ量がネズミと人とは異なってくるので、そのまま同様にとはいかない。 反町理キャスター: 抗体ができているか。ウイルスが入ってきたときにそれがバリアになるか。そして副作用が出ていないか。この3つをオールクリアしたという理解でよいか? 森下竜一 大阪大学大学院 寄付講座教授: 詳細は論文にしなければならずここでオープンにはできないが、そのようなことを厚労省に届け出て、ヒトへの臨床試験をできる次の段階に進んでいる。諸外国の進み方と同じ。

【関連記事】