Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】「マネーボール・ドラフト」を振り返る ブラウン、バリントン、ボットーなど

配信

MLB.jp

 マイケル・ルイス著『マネーボール』で取り上げられた2002年のドラフトは、1巡目で指名されたザック・グレインキー、コール・ハメルズ、プリンス・フィルダー、2巡目指名のジョーイ・ボットー、ジョン・レスターなど、数多くのオールスター選手を輩出している。メジャーリーグ公式サイトのアンソニー・カストロビンスは、この「マネーボール・ドラフト」を関係者の発言をもとに振り返る特集記事を公開した。

 『マネーボール』では、2002年のドラフトで7つの1巡目指名権を持つアスレチックスが伝統的なスカウティング方法を廃止してデータを重視するようになり、不確実性の多い高校生の指名を回避し、指名した最初の17人がすべて大学生だったことなどに焦点が当てられた。ジョン・ミラベリ(インディアンスのスカウト部長)は、アスレチックスがドラフトの一部始終を取材させ、出版を許可したことに驚いたという。

 この「マネーボール・ドラフト」の主人公となったのが、アスレチックスに全体35位で指名されたジェレミー・ブラウンだ。7つの1巡目指名を持ちながら予算に制約のあるアスレチックスは、安価な契約金で獲得できる逸材の発掘を目指し、相場を100万ドル近く下回る契約金35万ドルでブラウンの獲得に成功。ブラウンはハイレベルな選球眼と長打力を兼ね備えながら、178センチ、102キロという不格好な体格により他球団が指名を敬遠した選手だった。

 アスレチックスに全体16位で指名されたニック・スウィッシャーは、マイナー時代にブラウンのプレーを見て「コイツはメジャーリーガーになる」と確信したという。実際、ブラウンは2006年にメジャー昇格を果たし、5試合で10打数3安打を記録。しかし、AAA級でプレーした翌2007年が野球選手としての最後のシーズンとなった。

 ルイスは「彼にプレーする気があれば、今でもメジャーで活躍していたかもしれない」と語る。ところが、『マネーボール』で必要以上に注目を浴び、野球を続けることに嫌気が差してしまった部分もあったようだ。「彼はどこへ行っても本について尋ねられていた。私のことを少し恨んでいたみたいだね」とルイスは語っている。

【関連記事】

最終更新:
MLB.jp